無料メルマガ始めました♡

もっとベビー服・子供服を楽しむために、
ベビー服・子供服を通して、もっともっと育児をシアワセなものにするために、
ベビー・キッズのおしゃれ情報を無料のメルマガでお話しています♡
メルマガ読者さん限定の割引クーポン等も定期的にお配りしています♡
ぜひご登録下さい♪





メールアドレス【確認用】 (必須)

知らなきゃ損!子連れニフレルを100倍楽しむ方法まとめ

知らなきゃ損!子連れニフレルを100倍楽しむ方法まとめ

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket

こんにちは!インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」オーナーのともぴです!

 

2015年11月19日にエキスポシティにオープンした「NIFREL」(ニフレル)。

 

子連れで行ってみたいけど、感想はどう?子連れに優しい施設なの?

 

家族で行くときには必ず気になるだろう情報をまとめました♡

 

実際に私がニフレルに行ってきたときの感想も交えてお話します!

フランス発の日本未上陸子供服ブランド「jacadi(ジャカディ)」のセレクトショップをしています♡
>>>インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie」
当店を利用していただいたお客様の声はこちら♡
>>>お客様の声

当店ではどこよりもお客様のことを考え、丁寧できめ細やかな対応を心がけています。詳しくはこちらから♡
>>>「Maison de joie」が数多くのママさんたちに選ばれる理由

 

 

ニフレルってどんなところ?

知らなきゃ損!子連れニフレルを100倍楽しむ方法まとめ

海遊館プロデュースの新しい水族館

NIFREL(ニフレル)は海遊館が初プロデュースする、生きものの美しさ・不思議さを直感的に楽しむ今までにない施設です。水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートのように生きものを観察できます。

「感性にふれる」をコンセプトに、地球が育む多様ないのちと個性が、今までにない造形物や空間、照明、映像、音楽と融合する空間展示「インスタレーション」を用いて表現し、子どもはもちろん大人の感性をも刺激し心を豊かにします。

引用:エキスポシティに行こう!

 

 

ニフレルの基本情報

営業時間:10:00~20:00(季節により営業時間が変更になる場合あり)

休館日:年中無休(※年に1回設備定期点検のための臨時休業があります。)

 

※ニフレルの営業時間ですが、ゴールデンウィークなど混雑が予想される時には、いつもより30分早い9:30からオープンしていることもあります。

それが、”季節により営業時間が変更になる場合があります”という意味なんでしょうね。

今日は何時からオープンしているのか知りたいという場合は、ニフレルのホームページにある、ニフレルの営業日カレンダーをご確認下さいね。

 

 

入場料:大人(高校生/16歳以上) ・・・ 1,900円

こども(小・中学生)   ・・・ 1,000円

幼児(3歳以上)      ・・・ 600円

3歳以下のお子様は無料で入館できますよ♡

団体料金や障がい者手帳をお持ちの方は、料金がまた変わってきますので、ニフレルのチケット情報をご確認下さいね。

 

 

 

子連れニフレルの注意点は?

子連れニフレル

子連れにはWebチケットの購入が絶対におススメ!!

ニフレルは2015年11月にオープンしたばかりで新しく、しかもあの海遊館が初プロデュースということもあり、大変人気の施設です。

 

そうなると気になるのが、混雑状況ですよね。

 

私は実家がエキスポシティにとても近いところにあり、よくエキスポシティに行くのですが、土日にもなるとニフレルのチケットを購入するための行列がものすごく長い列を作っているのをよく見かけます。

 

混雑しているときには、チケットを購入するだけで1時間待ちもあるんだとか!!!ひえ~。

 

気候のいいときなら列に並んで待つのも大丈夫かもしれませんが、夏や冬になると並ぶのは辛いですし、ましてや子供連れとなると並ばずに入れる方が絶対に良いですよね。熱中症とか怖いしね・・・。

 

なので、子連れでニフレルに行く場合、Webチケットの購入が絶対におススメです!

 

Webチケットというのは、事前にネット上でチケットを購入しておき、当日ニフレルの入り口でそれを見せて入館するというものです。

 

Webチケットを利用する場合、入館時間が指定されるのですが、これを事前に購入しておけばチケット購入の長~~~~い列に並ぶ必要もありませんし、待ち時間もなく、指定の時間になればすぐにニフレルに入ることが出来ます。

 

指定時間になるまでエキスポシティでショッピングを思いっきり楽しむなんてことも出来ちゃいそうですよね♡

 

Webチケットの利用方法と購入方法はこちらをご確認下さい。

>>>ニフレルWebチケットの利用方法・購入方法

 

Webチケットの購入はこちらから♡

>>>ニフレルのWebチケットを購入する

 

 

ベビーカーより抱っこ紐での入場がおススメです!

ニフレルはベビーカーでの入場が可能です。(エレベーターも完備されています。)

 

ただ、館内は広くてバリアフリーになっているとはいえ、お客さんで混雑すると通路がベビーカーでは通れないということも多々あります。

 

また、狭い通路をベビーカーで通行するのは危険です。

 

実際私もニフレルに行ったときには、ベビーカーを押したママさんが危ないベビーカーの使い方をしているところを何度か見かけました。

(たとえばベビーカーで人の列に割り込んでいったり、ベビーカーをどーんと置いてみんなが見たい水槽の前を占領したり・・・)

 

それに、ベビーカーで入場すると水槽や展示物に近付きにくく、せっかくの珍しい生き物たちが見えません。

 

水槽や展示物のまわりには当然ですがお客さんがいっぱい。

 

そこに幅のあるベビーカーで入っていこうと思うと、かなり厳しいです。

 

私も最初はベビーカーで入館したのですが、あまりにも見づらくて、ベビーカーをコインロッカーに預けて娘を抱っこして回りました。

 

ベビーカーはニフレルの入り口で預かってもらえないので(係員さんが「ベビーカーの預かりはしていません」と仰っていました)、コインロッカーに預けるなどしたほうが良さそうです。

 

コインロッカーの詳細は以下をご覧下さい♡(ページの下のほうにあります。)

>>>コインロッカーについて金額や大きさなどの詳細

 

ただ、私のベビーカーは小さめだったこともあり、かなり頑張ってコインロッカーに押し込んだのですが、ベビーカーの種類によってはコインロッカーに入らないものもあると思います。

 

なので、ニフレルに入ることを目的にしてエキスポシティに行くなら、ベビーカーで来ないのがベストなんじゃないかなと。

 

でも、エキスポシティのららぽーとでショッピングを楽しんだりしたいし・・・

 

ららぽーと内をベビーカーなしで歩き回るのはしんどい・・・というあなた。 大丈夫です、安心してください。

 

エキスポシティのららぽーとでは、ベビーカーの貸し出しをしています。(利用時に100円硬貨が必要にはなりますが、コインリターン式のベビーカーが館内に設置されています。)

 

ですので、エキスポシティ内を移動する際には館内で貸し出されているベビーカーを利用すれば、ベビーカーを持ってくる必要もなくなりますよね。

 

館内のサービスを上手く利用して、ニフレルを最大限に楽しめると良いですよね♡

 

 

土日は混雑しています!!平日の午後が狙い目☆

新しいスポットということもあり、ニフレルは土日は本当に混雑しています。いつもチケットを買う行列が出来ています。

 

ですから、館内も当然お客さんでいっぱい。

 

ゆっくりじっくり見たいという方は、お仕事の関係で難しいかもしれませんが、平日の午後に行くことをおススメします。

 

平日ならチケットの購入も待ち時間ナシで買えることもありますし、午後なら比較的午前中に比べると空いているそうです。

 

ニフレルの公式ホームページにもこのように書いてあります。

午前中は開館時間から、多数のお客様にご来館いただいております。午後は比較的ゆっくりとご覧いただけます。

※ 日程によっては、予測以上にお客様にご来館いただくことにより、チケットのご購入にお時間を頂戴する可能性がございます。
何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

学校団体のお客様について
・2月中旬~3月上旬の平日
・4月中旬~5月末の平日
・10月~11月の平日
午前中は幼稚園および小・中学校、高校等の団体のお客様が多数ご来館されると予想されます。午後はゆっくりとご覧いただけます。

引用:http://www.nifrel.jp/guide/ticket.html

パパのお仕事の都合などで難しいかもしれませんが、ニフレルをゆっくり見たいというあなたには平日の午後がおススメですよ♡

ニフレルが子連れに優しいポイントは?

子連れニフレル

おむつ替えスペース、授乳室がある

小さな赤ちゃんと一緒に出掛けるときに一番気になること・・・。

 

それは、おむつ替えスペースがあるか、授乳室があるかということだと思います。

 

ニフレルはもちろん、その両方を完備していますよ♡

 

ベビーカーで一緒に入れる多目的トイレが1Fと2Fにそれぞれ設置されています。

 

また、授乳室も1Fと2Fにそれぞれ完備されています。

 

しかも、授乳室の中にはおむつ替え用のベッドも用意されていますので、授乳のついでにおむつ替えも・・・といったママさんにも優しいつくりになっています♡

 

また、館内への飲食物の持ち込みは禁止されていますが、この授乳室の中でのみ離乳食を食べさせることが出来ます。

 

ただ、ミルク用のお湯は用意されていませんので、必要な方は持参することをおススメします。

 

これだけの設備があれば、小さい赤ちゃんをお連れのママさんも、安心してニフレルを楽しむことが出来ますね!

 

 

子どもの目線で楽しめる工夫がたくさん

ニフレルの展示のしかたは、子どもの目線でもしっかり楽しめるように工夫されています。

 

たとえば、7つあるコンセプトゾーンのうちのひとつ、「わざにふれる」というゾーンでは、小さい子どもでも水槽が見やすいように、一段高い足場が設置されています。

 

もちろん大人もその足場に乗ることが出来ますよ。

 

大人がそこに乗って水槽を見ると、水槽を上から見下ろすことも出来るので、普通に見るのとまた違った見方が出来て面白いです。

 

サメのいる水槽も子ども目線の高さになっており、サメが水槽を泳ぐ様子を大迫力で見ることが出来ます。

 

ほかにもワニの水槽やカバの水槽など様々な水槽が子ども目線で作られており、子どもにとってこんなに間近で動物を見られるのは楽しいだろうなと思わされることが多かったです。

 

お魚の展示に関しても、大きな水槽の中に魚達がたくさん泳いでいる、といった従来の展示方法ではなく、お魚それぞれが小さな水槽に入って展示されています。

 

それぞれの魚がその水槽の中での主役。大きな魚の脇役などではありません。なので、それぞれの魚の特徴をしっかり見て学ぶことが出来るのです。

 

ニフレルの小畑館長さんもこのようにお話されています。

 

海遊館は太平洋を中心に各地域の海の環境をダイナミックな構成で疑似体験してもらおうというコンセプトでできた水族館です。魚たちの棲む環境を見ていただくために大きい水槽がメインで、その分、個々の魚をじっくり見ることは難しくなる。そこで、海遊館では表現できないことをニフレルでやろう、ということにしました。
ニフレルでは生きもの個々にフォーカスを当てています。色彩や行動・形など、生きものの個性をテーマ別にして、その魅力をわかりやすく表現しました。シンプルになった分、今まで気づかなかった小さな生きものにも興味を持っていただけると思います。

引用:ニフレルにふれるライブラリー、小畑館長に、ふれる。

 

子どもにも分かりやすいシンプルな展示方法にすることで、生き物に興味を持ってもらおうという考え方がよく分かりますね。

 

 

再入館も出来ます

子連れの場合、急なハプニングなどで施設をいったん出なければならないこともあるかもしれません。

 

そんなときに便利なのが、ニフレルの再入館システム。

 

当日に限りますが、出口改札のスタッフに申し出ると再入館が可能です。

 

ただ、再入館の受付は閉館時間の1時間前が締切りですので、この点だけご注意下さいね。

 

 

 

子連れにおススメのゾーンは?

子連れニフレル

「みずべ」に棲む生き物を間近で見られる「みずべにふれる」ゾーン

大迫力の動物達が間近で見られるゾーンです。

 

ニフレルの一番の目玉といっていいホワイトタイガーがいます。他にはワニやミニカバ、スッポンモドキなど。

 

子どもにとってもっともワクワクするゾーンなのではないでしょうか。

 

「みずべにふれる」ゾーンの詳細はこちらをご覧下さい。(みずべにふれるの部分をクリックしてくださいね。)

ニフレル7つのコンセプトゾーン

 

 

生き物たちの「わざ」を間近で見られる「わざにふれる」ゾーン

子どもの目線に設置された大きな水槽があり、その中を優雅に泳ぐサメが見られます。

 

また、それ以外にも人間の角質を食べてくれるドクターフィッシュのいる水槽に指を入れることが出来たり、いろんな「わざ」をもった生き物たちが展示されているゾーンです。

 

「わざにふれる」ゾーンの詳細はこちらをご覧下さい。(わざにふれるの部分をクリックしてくださいね。)

ニフレル7つのコンセプトゾーン

 

 

生き物たちが自由に動き回る世界をすぐそばで感じられる「うごきにふれる」ゾーン

フクロウが頭の上を飛んでいったり。ワオキツネザルが足元を自由に動き回ったり。

 

カワウソがじゃれあったり水の中をスイスイ泳ぐ様子が目線の高さで楽しめたり。ペンギンが水槽から水槽へ泳いで移動するのをすぐ上から眺められたり。

 

ここでは生き物たちが自由に動く様子をすぐそばで見られるゾーンです。可愛い動物が多いので、ママさんは嬉しいかもしれませんね。

 

これまでにはない斬新な方法で生き物たちが展示されています。いや、展示されているというよりむしろ、私達が彼らのすみかにお邪魔しているといったほうがいいのかも。

 

そんな空間です。私はここが一番楽しかったです♡

 

「うごきにふれる」ゾーンの詳細はこちらをご覧下さい。(うごきにふれるの部分をクリックしてくださいね。)

ニフレル7つのコンセプトゾーン

 

 

 

まとめ

子連れニフレルまとめ

子連れで絶対に行ってみたいニフレル!

 

子連れニフレルを最大限に楽しめるヒントをたくさんご紹介しました♡

 

皆さんもぜひ、大切なご家族と楽しい時間をお過ごし下さいね。

 

 

ニフレルを思いっきり楽しんだ後は、

自分だけのランチをオーダーできちゃう「ごはんとわたし」でランチはいかがですか?

エキスポシティの子連れランチおすすめNo.1の「ごはんとわたし」というお店について詳しくまとめています♡

エキスポシティでのランチに迷っている方、ぜひ読んでみてください!

>>>エキスポシティの子連れランチおすすめNO.1!

「ごはんとわたし」で自分だけのランチをオーダーしちゃおう♪

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ともぴ

    1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。