夜泣き対策に悩むママへ。たった一つの方法で解決できるかも!

赤ちゃんの夜泣き対策に悩むママへ。たった一つの方法で解決出来るかも!

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket

こんにちは!インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」オーナーのともぴです!

 

子育てをしていると、必ずといっていいほど悩まされる赤ちゃんの夜泣き・・・。辛いですよね。

 

私も娘が生後5ヶ月の頃から夜泣きが始まり、それにとっても悩まされたので、辛い気持ちはすごく分かります。

 

夜泣きを一刻も早く終わらせたいけど、どうやって対策をすればいいの?というママさん。

 

今回は、娘が生後5ヶ月から毎日1時間おきにするようになった夜泣きを、たったひとつの対策で終わらせたお話をします!

 

この方法で娘の夜泣きはかなり改善し、3~5時間はまとめて寝てくれるようになりました。

 

夜泣きに悩んでいるママさん、まだこの方法を試したことのないママさんは、ぜひ一度試してみてください!

フランス発の日本未上陸子供服ブランド「jacadi(ジャカディ)」のセレクトショップをしています♡
>>>インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie」
当店を利用していただいたお客様の声はこちら♡
>>>お客様の声

当店ではどこよりもお客様のことを考え、丁寧できめ細やかな対応を心がけています。詳しくはこちらから♡
>>>「Maison de joie」が数多くのママさんたちに選ばれる理由

 

 

 

まずは私の娘の夜泣きの話を少しだけ・・・

私の娘の夜泣きの話を少しだけ・・・

それは生後5ヶ月の頃から突然始まった・・・!

娘の夜泣きが始まったのは忘れもしない生後5ヶ月の頃でした・・・!

 

生後5ヶ月の頃に特に何か環境が変わったわけでもなく、いつもどおりの生活だったんですが、ある日から眠りが浅くなり、寝かしつけても2時間ほどで起きて泣いてしまうようになりました。

 

それまでの娘は、夜8時に寝てから夜中に1回起きるくらいで、いつもまとめて3~5時間寝てくれていたんですよね。

 

それがいきなり2時間とかで起きて泣いてしまうようになって、私も「あれ?おかしいな?」と思いながらも娘が夜起きたときにはそれに付き合って一緒に起きていました。

 

でも、いつの間にか2時間おきに泣いていたのが1時間おきになり・・・これはおかしい!これが噂の夜泣きなのか?!とさすがに思うように。

 

今思えばこれは、辛い、辛すぎる日々の幕開けなのでした・・・!!

 

 

色々と試してみるもすべて失敗に終わる

そりゃあ私も調べましたよ、「夜泣き 対策」ってグーグルでね。グーグル先生は優しいので、ありとあらゆる対策を教えてくれましたよね。笑

 

で、グーグルで出てきた対策をとにかくかたっぱしから試してみました。

 

夜泣きするのは体力が余っているからだ、と読んだ私は早速スイマーバを購入(スイマーバとはお風呂で使う浮き輪のようなものです。赤ちゃんの全身運動に役立ち、夜泣きにも効果があるとかナントカ・・・)。効果はあったようななかったような・・・。スイマーバを使ってから驚くほど夜泣きが改善した、ということはなかったです。

 

夜泣きで起きたときは音楽をかけるといい!リラックスになるから!と読んだ私は、寝かしつけるときと夜中起きたときにyoutubeでゆりかごのうたを延々リピート。ゆりかごのうたはとっても癒し系でいい歌なんですが、これを聞かせてても普通にギャン泣きしてる^^;これで夜泣きは改善しませんでした・・・。

 

夜泣きで起きたときは抱っこしてゆらゆらすると寝る!と読んだ私は、娘が1時間おきに起きるたびに娘を抱っこしてベッドの上で揺れる揺れる。前後左右に揺れ続けました。←はたから見ると怪しすぎる^^; これでまた寝付いてくれるときもありましたが、ほとんどは抱っこを嫌がってギャン泣きされました。

 

夜泣きで起きたときは添い乳すると自然と寝てくれるから楽!と読んだ私は、夜中起きた娘に添い乳し続けました。でも、添い乳やったことあるママさんなら分かると思うんですが、あの体勢でずっとい続けるのってかなりしんどいんですよね。確かに添い乳すると娘はすぐ寝てくれましたが、反対に私の体がバキバキになりました!しかも、添い乳してもまた1時間後とかに起きる・・・。そして添い乳する→体がバキバキになる、この延々リピートですよ。

 

夜泣きがひどいときは車で深夜のドライブをするといい!と読んだ私は試してみようと思いましたが・・・残念ながらうちには車がなかったので、これは試してみることが出来ませんでした。う~ん、残念。

 

 

睡眠不足は拷問と同じ

いきなり怖い話をしますが、睡眠不足って拷問と同じなんですよ。知ってました?

 

ナチス・ドイツが考え出した拷問方法で「断眠法」というものがあります。これは体に絶えず軽い刺激を与えて眠らせないようにする方法で、この拷問を受けた人は1週間ほどで発狂・もしくは死亡したそうです。

 

夜泣きの辛さを知らない人たちは、「昼間寝ればいいじゃん」とか「そんなにしんどいの?」とかそんな言葉でこちらの心をグッサグッサと傷つけてきますが(笑)、そんな人たちに教えてあげたい!睡眠不足は拷問と同じなのだと!発狂するレベルなんだと!

 

あのね~。毎日毎日1時間おきに起こされる気持ち分かる?眠りたいのに無理やり起こされる辛さ分かる?しかも1時間おきに。それが延々何ヶ月も続くっていう終わりの見えないこの絶望にも似た気持ち分かる?自分のペースで眠れない辛さ分かる?眠れたとしてもいつ夜泣きで起こされるか分からないから常に体がこわばってる、この辛さ分かる?

 

睡眠不足ってね、人の心を壊します。夜泣きで1時間おきに起こされる生活を1ヶ月続けた私は、大好きなはずなのに、娘の顔を見るのが正直いやになりました。毎日夜が来るのが嫌で嫌で仕方なかったです。毎晩娘と一緒に泣いてました。

 

夫は仕事なので寝なきゃいけないから別の部屋で幸せそうに寝てるんですよ。誰にも邪魔されずに、眠りたいだけ眠れるんです。なのにどうして私だけこんなに辛いの?どうしてたった一人で頑張らなくちゃいけないの?どうして?

 

 

あまりにも辛くて、実家に1ヶ月帰りました

夜は1時間おきに起こされて睡眠不足だし、昼間に寝ようと思っても娘が昼寝をしてくれるのは1時間とかだし、それに加えて家事もやらなきゃいけない。

 

掃除はサボれるだけサボって1週間に1回、洗濯も2日に1回とかだったのでよかったんですが、料理はどんなにサボりたくてもサボれない。毎日作らなきゃいけない。料理したら洗物もあるしね。しかも買い物もしなきゃいけない。献立も考えなきゃいけない。これが辛かったです。

 

料理さえしなくていいなら、家事さえしなくていいなら、この時間を自分の体力回復にあてられるのに・・・。私は夫の転勤で遠方にいたので、周りには誰も頼れる人がいませんでした。日中は自分ひとりで子育て。それもまた、追い詰められた理由のひとつだったと思います。もうね、何もしたくなくなったんです。

 

両親に相談したら、実家に帰っておいでと言われたので、思い切って夫をおいて実家に帰ることにしました。

 

結局1ヶ月ほど実家でお世話になりました。夜泣きは相変わらず続いていましたが、常に周りに誰かがいること、話し相手がいること、家事をやらないでいいこと、そういったことがかなり私の心を落ち着けてくれました。実家帰ってよかったです、ほんとに。

 

 

 

どうして夜泣きするの?対策方法は?

どうして夜泣きするの?対策方法は?

夜泣きには色々な説があります

夜泣きの原因は、こんなに化学が進歩した現代でも、まだ分かっていないそうです。

 

赤ちゃんが不安がっていたり、うまく寝付けない場合や、睡眠サイクルの乱れ、ストレス、洋服が肌に当たってちくちくする、寝室の温度が暑い・寒いなど様々なことが原因だったりします。

 

なので、対策も千差万別です。だって、色んな夜泣きの原因があるんですものね。

 

 

だからこそ、自分にあった対策が分からなかった

夜泣きの原因がはっきりせず、対策方法もありとあらゆるものがあるからこそ、娘に効く対策が分かりませんでした。色々試したのに全く改善しなくて、それがまた辛かったです。

 

頑張って色々試してるのに、どうしてダメなの?もう耐えるしかないの?ほかにどんな方法があるの?誰か教えて・・・!毎日そんなことを考えていました。

 

 

 

私が成功した夜泣き対策はコレです!

私が成功した夜泣き対策はコレです!

寝る前と夜起きたときにミルクをたっぷり飲ませること

夜泣きの原因を調べまくっていたとき、ふと夜泣きの原因のひとつに「お腹がすいているから」というのがあったことを思い出しました。

 

もしかして娘が泣くのはお腹がすいてるからなのかな?と思ったことと、どことなく娘の夜泣きの原因がこれに当てはまりそうな、そんなかすかな気持ちがあったんです。

 

というのも、私は完全母乳で娘を育てていたので、夜寝る前も母乳をあげて、夜中起きたときも母乳をあげていました。母乳は消化吸収が良い反面、すぐに消化されてしまうのでお腹にたまりにくい、つまりお腹が空きやすい、ということを聞いたことがあったんです。

 

だから、もしかして娘が夜中起きて泣くのはお腹が空いてるからなのかな?とどこかピンときたんですよね。

 

 

1時間おきに起きて泣いていたのが3時間まとめて寝てくれるように

早速その晩から、夜寝る前にミルクを哺乳瓶満杯の150ml飲ませてみました。そうするとビックリ!1時間おきに泣いてたのが、その夜は3時間まとめて寝てくれたんです。

 

それでも相変わらず夜中に一度は起きるんですが、でもミルクをまた150mlたっぷりあげるとすぐに寝てくれるようになりました。

 

毎日1時間おきに、多いときで一晩に10回以上起きていた娘が、夜中は1度しか起きなくなりました。これにはほんとビックリしました。

 

 

お腹がすいて目が覚めていたのかも

生後3ヶ月とかの体が小さいときは、母乳だけでもお腹が空くことなくたっぷり眠れていたのかもしれませんが、生後5ヶ月になると体も大きくなり、消化機能も成長したんでしょうね。

 

母乳だけじゃすぐに消化してしまって、お腹が空いて目が覚めていたんだなぁってやっと気付いたんです。

 

よく卒乳したら夜泣きがなくなったとかいう話も聞きますが、これも「お腹が空いているから」という理由に繋がるような気がするんですよね。

 

卒乳すると栄養を離乳食からしか採れなくなりますから、離乳食をたくさん食べるようになるというのも聞きますし、ご飯は母乳と違って消化に時間がかかり、お腹にたまりやすいので母乳ほどお腹が空かないとか。

 

私の友人も私と同じように1時間おきの夜泣きに悩まされていたんですが、卒乳したら夜泣きがなくなったと言っていました。そのかわり離乳食をモリモリ食べるようになったとか。

 

まだ離乳食が1回食や2回食で、卒乳には程遠い、というママさんなら、ミルクをお腹いっぱいあげるということを一度試してみてほしいです。

 

 

 

どうして今までこの夜泣き対策をしなかったのか?

どうして今までこの夜泣き対策をしなかったのか?

完全母乳で育てていたので、ミルクをあげることに抵抗があった

ほんっとにしょーもない理由なんですけど、どうして今までこの方法で夜泣き対策を試してみなかったのかというと、私は完全母乳で娘を育てていたので、ミルクをあげるということに抵抗があったからなんです。(否定しておきますが、私は母乳至高主義者じゃありません。)

 

ミルクをあげるということに少し抵抗もあったし、ミルクはお金がかかるって気持ちもあったし、ミルクをあげるということも考えつかなかったんですよね。母乳で育てるのが私の子育てだ、と勝手に思い込んでいたので。^^;

 

それに、夜泣きで泣いて起きるたびに添い乳をして寝かせていたので、添い乳がミルクになったところで同じように1時間おきに起きるんでしょ?って思ってたんです。それもまたミルクを試さなかった理由のひとつです。

 

いや、今考えるとまじでしょーもないな~と思います。笑 変な意地はってないで、やってみてればもっと早くに楽になれたのに・・・って思います。

 

現代の粉ミルクは本当に栄養がたっぷりで、安全で清潔で、しかも簡単に作れて、本当に素晴らしいものなんです。

 

ミルクを買うのに多少お金がかかるかもしれませんが、ミルクのお金をケチって夜泣きに悩まされて辛い思いをするくらいなら、お金を払って解決するんならそのほうがずっといいに決まってますもんね。

 

そんなことすらあの当時の私は考えもつかなかったんです。それだけ追い詰められてたのかなぁ、余裕がなかったのかなぁと思います。

 

 

 

夜泣きに悩むママさんへ

夜泣きに悩むママさんへ

毎晩全国の何千人というママたちがあなたと同じことで悩んでいる

夜泣き、辛いですよね。いつ終わるの?って毎日が不安で先が見えなくて。真っ暗なトンネルの中にいるみたいですよね。

 

でもね。あなたと同じことで悩んでるママさんは、全国に何千人といます。いまこの瞬間、あなたと同じように赤ちゃんを寝かしつけるために頑張っているママが何百人といるんです。

 

あなたは一人じゃありません。全国のママさんが、あなたと同じことで悩んでいるんです。

 

 

先入観にとらわれず、色んな方法を試してみてほしい

実際私も完全母乳で育ててきたことから、ミルクをあげてみるということも考えつかなくなっていました。完全母乳が自分の子育てだと思い込んでました。

 

でも、別にミルクあげたっていいじゃないですか。完全母乳で育てることってそんなに大切ですか?そんなことないですよね。赤ちゃんが健康に育つことが一番大事。ママも健康で笑顔でいることが一番大事。そうでしょ?

 

ミルク買うのにお金がかかる?でも、ミルクあげれば夜泣きが解決するかもしれないのに?お金をケチって夜泣きに悩まされ続けるくらいなら、お金で解決できることならお金払ったらいいと思うんです、私は。

 

なんていうか、そういうことも子育て中って考えられなくなっちゃうんですよね。頭が思考停止しているというか・・・。初めての子育てならなおさら。右も左も分からないし、だけど情報だけは溢れていて何を信じたらいいのか分からなくて。いままで自分でやってきた方法を信じるしかなくて。だから、これでいいんだって思考停止しちゃう。

 

だから、そういった先入観にとらわれないで、いろんな方法を試してみてほしいです。

 

 

周りに甘えられるなら甘えてもいい!恥ずかしいことじゃない!

夜泣きに苦しんでいる、辛い、助けてほしい・・・。自分からSOSを出すことって難しいことだと思います。

 

世の中にはSNSやママ雑誌などがキラキラした育児生活をこれでもか!と載せてくるので、自分も同じように育児はキラキラしてなくちゃいけない、誰かに助けてもらうなんて恥ずかしい、自分はダメなママだ、悩んでいるなんて恥ずかしいことだ、そんな風に思ってしまうママもいるかもしれません。

 

でも、そんなことないんです。SNSでキラキラした育児生活を発信してるあのママも夜泣きに悩んでいるかも。雑誌に載っているあのママも、子育てで悩んで泣いたりしてるかも。

 

だから、辛いときは思い切って周りに助けを求めてください。夫が助けてくれないんなら、実家に帰ったっていいんです。そんなの全然恥ずかしいことじゃありません。

 

あなたは一人じゃないんです。色んな人に助けてもらって、いまのあなたがいます。だから、色んな人に引き続き助けてもらっていいんですよ。

 

実家に帰るのが難しいなら先輩ママに相談してみる、助産師さんに相談してみる、小児科の先生に相談してみる、子育て支援センターに行ってみる、市に相談してみるなどなど・・・。色んな方法があります。

 

みんなあなたが助けてほしい、と言ってくれるのを待ってますし、助けを求められたら絶対に助けてくれるはずです。

 

恥ずかしいことなんかじゃないから、思い切って周りに甘えてみてください。

 

 

 

まとめ

夜泣き対策まとめ

娘が生後5ヶ月の頃から1時間おきに泣いて起きるようになり、あまりにも辛くて心が折れそうになりましたが、夜寝る前と夜中起きたときにミルクをお腹いっぱい飲ませるという方法で夜泣きは改善されました。

 

夜泣きで辛かったとき、実家に帰ってリフレッシュできた、というのも夜泣きに悩まされながらも私の心が健康でいられた理由だと思います。

 

いま夜泣きに悩まされているママさん、一度ミルクをあげるという方法を試してみてください。

 

それから、もしも辛いときは、恥ずかしがらずに周りを頼って甘えてくださいね。

 

これで、あなたの赤ちゃんの夜泣きが改善されますように。それから、これを読んでくれているあなたの心が少しでも前向きになりますように・・・。

 

 

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です