無料メルマガ始めました♡

もっとベビー服・子供服を楽しむために、
ベビー服・子供服を通して、もっともっと育児をシアワセなものにするために、
ベビー・キッズのおしゃれ情報を無料のメルマガでお話しています♡
メルマガ読者さん限定の割引クーポン等も定期的にお配りしています♡
ぜひご登録下さい♪





メールアドレス【確認用】 (必須)

【他を圧倒する柔らかさ!】ネピアGenki(ゲンキ)の使用感、口コミを徹底レポート!【紙オムツ比較】

【他を圧倒する柔らかさ!】ネピアGenki(ゲンキ)の使用感、口コミを徹底レポート!【紙オムツ比較】

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket

こんにちは!インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」店長のともぴです♡

 

パンパース一筋だった私が、引越しに伴い、近所のスーパーにパンパースが売ってないため買えなくなったことから始まった、様々なメーカーの紙オムツ比較。

 

マミーポコ、メリーズ、ムーニーを実際に使ってみて感じた感想や口コミを詳しくご紹介してきましたが、今回はnepia(ネピア)から販売されている「Genki!(ゲンキ!)」を徹底レポートしてみたいと思います!!

 

さやママ
Genki!って、あまりCMなんかでは見ないですけど・・・どうなんでしょうか? 
りかママ
私も、売っているのは見るんだけど、あんまり有名じゃないからかまだ使ってみたことがないの。
ちえみママ
私もなの。ゲンキ!って、使用感はどうなのかしら?今後使ってみようかなって思ってるの。

そんなあなたのために、私が1歳半の娘に実際に使ってみて感じた使用感や感想、ゲンキ!のメリット・デメリットなどをどこよりも詳しくお話します♡

 

ゲンキ!の口コミ、使用感、メリット・デメリットが気になっているママさん、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

低価格オムツとして有名なマミーポコについての使用感・口コミはこちら♡

【安い!けど・・・】マミーポコの使用感、口コミを徹底レポートします♡【紙オムツ比較】

2016.11.06

 

「スマイルスマイルメリーズ♪」で有名な、花王が販売しているメリーズについての使用感・口コミはこちら♡

【ギャザーが大きくて安心!】メリーズの使用感、口コミを徹底レポートします♡【紙オムツ比較】

2016.11.11

 

「ムーニーエアフィット♪」で有名な、ユニ・チャームが販売しているムーニーについての使用感・口コミはこちら♡

【肌触りサラサラ!】ムーニーエアフィットの使用感、口コミを徹底レポート!【紙オムツ比較】

2016.11.17
あなたの「可愛い♡」「欲しい♡」「嬉しい♡」を叶えます♪一緒にもっともっとベビー服・子供服を楽しみましょう♡
>>>ママベビねっとが提供するサービス一覧(トータルコーディネート・お取り寄せ・出産祝い・親子リンクコーデ)
当店を利用していただいたお客様の声はこちら♡
>>>お客様の声

当店ではどこよりもお客様のことを考え、丁寧できめ細やかな対応を心がけています。詳しくはこちらから♡
>>>「Maison de joie」が数多くのママさんたちに選ばれる理由

 

 

 

Genki!(ゲンキ!)ってどんなオムツなの?

商品情報

  • メーカー:ネピア(王子ネピア株式会社)
ネピア(王子ネピア株式会社)とは
ゲンキ!を販売しているネピアという会社は、正式な名前は王子ネピア株式会社といいます。

1971年に王子製紙が、ティッシュペーパーやトイレットペーパーなど、私たちが家庭で使うための紙製品を生産・販売するための会社を作りました。それが、いまの王子ネピア株式会社です。

王子ネピア株式会社の有名な製品だと、「鼻セレブ(ティッシュペーパー)」、「ネピア(ティッシュペーパーとトイレットペーパー)」、「おしりセレブ(トイレットペーパー)」、「ネピアキッチンタオル(キッチンペーパー)」などがあります。

ほんとに私たちの生活に欠かせない紙製品を作っている会社ですね~。

 

  • ラインナップ:パンツタイプおむつのみ
ラインナップ詳細
Mサイズ(7~10kg)、Lサイズ(9~14kg)、BIGサイズ(12~17kg)、BIGより大きいサイズ(13~25kg)

※ゲンキ!ではテープタイプのオムツは販売してなくて、すべてパンツタイプのみになります。

 

  • 1枚あたりの値段
 オムツの種類別1枚あたりの値段
※この値段はLOHACOの「おむつ最安値サーチ 一枚あたりの価格で徹底比較!!」というページから1枚あたりの値段を算出しています。

サイズ  1枚あたりの値段
Mサイズ(7~10kg) 23.8円
Lサイズ(9~14kg)  31.4円
 BIGサイズ(12~17kg)  36.4円
BIGより大きいサイズ(13~25kg) 53.1円

 

 

知名度は高くないが、家庭用紙製品では日本でトップの王子ネピアが販売している「Genki!(ゲンキ)」

ゲンキは王子ネピアから販売されている紙オムツです。

 

私たちが普段の生活の中で本当にお世話になっている、毎日のように使っているティッシュペーパーやトイレットペーパー、キッチンペーパーなどを作っている王子ネピア。

 

ティッシュやトイレットペーパーと紙オムツって、おんなじ紙製品だし、かなり前から販売されていたんだろうな~と思って調べてみると、なんとゲンキが販売され始めたのは、2007年。

 

柔らかい超高級ティッシュで一躍有名になった「鼻セレブ」が販売されたのが2004年なんですが、実は鼻セレブよりも後に販売スタートしたんですね。

 

なんだか個人的には鼻セレブのほうが最近のような感じがする。ゲンキって実は結構新しい紙オムツなんですね。

 

でも、そうやって考えると2007年から販売スタートした新しいオムツなので、知名度がそこまで高くないのも納得です。

 

私も今回初めて使うまでゲンキの存在を知らなかったし、夫も「へぇ~ネピアが紙オムツに参入したんだなぁ」なんて言ってたくらいですから^^;

 

CMも他のメーカーのオムツに比べると全然していない印象なので、あんまり派手に宣伝するタイプじゃないのかしら?

 

ゲンキのHPも見ましたが、他のメーカーのオムツのHPに比べるとものすごくアッサリしてます。(笑)

 

他のメーカーのオムツのHPなんて、動画使ったり写真いっぱい使ったり、製造担当者の人が写真付きで製造秘話や苦労話を語ってたり(笑)、自社のオムツをPRする内容がかなり盛りだくさんで、

「これでどうだ!どうだぁぁぁぁ!!!買ってください、お願いしますぅぅぅぅぅ!!!」っていう声が聞こえてきそうなほど(笑)なんだけど、

ゲンキはそれとは反対にほんとにアッサリ。(笑)

 

オムツのこだわりポイントが3つくらいサラリと書いてあって、製品ラインナップがあって、オムツの絵柄が書いてあるだけ(笑)

 

「良かったらどうぞ~」みたいな、かなりアッサリした印象です。(笑)

 

 

こだわりの柔らかさ!メッシュ素材でムレにくい!

ゲンキのオムツのこだわりポイントとしては、

  • やわらかさ
  • メッシュ素材なのでムレにくい
  • しっかりフィットしてくれる

という点ですね。

 

これらが実際に使ってみてどうだったのかについては、後でしっかりお話しますね!!^^

 

 

子供はみんな大好き!アンパンマンの絵柄!!

ゲンキではアンパンマンの絵柄をオムツに採用しています。

 

子供ってみんなアンパンマン大好きだから、喜ぶ子はほんとに喜ぶんじゃないかな♡

 

例えばムーニーではプーさんの絵柄が使われてますが、プーさんの絵柄はどっちかっていうとママが「可愛い♡嬉しい♡」って感じるんじゃないかなって思います。

 

反対にアンパンマンは子供自身が「嬉しい!!」って感じるんじゃないかなって。

 

なので、子供目線でみると、アンパンマンの絵柄の方が子供にとっては嬉しいだろうな~って思いました。

 

うちの娘はアンパンマンのこと知らないので(アンパンマンのおもちゃもないし、アニメとか見せたことなくて^^;)、アンパンマンの絵柄みても全然反応しませんでしたが^^;(笑)

 

絵柄のデザインは以下のとおりです♪ ※こちらはMサイズの絵柄です。

snapcrab_noname_2016-11-25_14-6-30_no-00

引用:「Genki!パンツ」ネピアGenki!より

 

基本的にはMサイズもLサイズもBIGサイズもオムツの絵柄は変わりません。

 

絵柄の数がMより少なくなっていくだけです。

 

他のメーカーのオムツだと、サイズによって絵柄がそれぞれ変わるから、こういう点でもゲンキはアッサリしてるな~って思います(笑)

 

 

 

実際に使ってみて思ったGenki!のメリット

実際に使ってみて思ったGenki!のメリット

とにかく柔らかい!柔らかさは他メーカーと比べてもNO.1!!

ここからは実際にゲンキを使ってみた感想をお話していきますね!

 

ちなみに娘が1歳6ヶ月頃にゲンキを使っていたので、ゲンキのパンツタイプLサイズを使った感想になります。

 

私がゲンキを使ってみて、一番驚いたことが「やわらかさ」!!!

 

オムツの柔らかさが圧倒的に違うんです!!!!

 

ゲンキと同じく柔らかいところがいいな~って思ったオムツがメリーズなんですが、メリーズにも負けないほど柔らかいです。

 

「鼻セレブ」って超柔らかい高級ティッシュが一時期話題になって、めちゃめちゃ売れたことがありましたが、あれを製造販売してるのがゲンキ!を作ってるネピアなんです。

 

その技術が活かされてるのか、ゲンキもめちゃめちゃ柔らかい♡

 

ティッシュやトイレットペーパーってかたいものだったり品質がよくないものだと、鼻やお尻がかぶれたり血が出たり拭いたとき痛かったりしますよね。

 

そういうのを徹底的に研究してきたネピアだからこそ出来る、柔らかさなんだろうな~ってめっちゃ思いました。

 

img_9581
触り心地がふわっふわで、ほんとにやわらか~♡

赤ちゃんの可愛いプリプリやわらかお尻を、”ふわっと包んでる”って感じがします。

 

img_9582
このウェスト部分も伸びがよくって、本当にやわらか。

でもしっかりフィットしてくれる感じです。

 

img_9595
実際に履かせてみるとこんな感じ。

足まわりも、隙間なくしっかりフィットしています♡

 

 

サイドも破りやすい♪

あと、サイドが破りやすいのもいいところ。

 

「ビリビリ~」って破れます。

 

サイドの破りやすさはメリーズが個人的には一番ですが、その次のパンパースと並んで破りやすいです。

 

オムツを交換するのって、本当に毎日何回もする作業。だから、そのたびに破りにくいオムツだと地味にストレスなのよね><

 

ビリビリ・・・ガッ!!って破ってる途中で引っかかることなくキレイに破れたら、気分もちょっとすっきりする(笑)

私だけかな?(笑)

 

 

 

実際に使ってみて思ったGenki!のデメリット

実際に使ってみて思ったGenki!のデメリット

オシッコが漏れる・・・

ここからはGenki!を使ってみて感じたデメリットについて。

 

まずはオシッコが漏れること。

 

これまでオシッコ漏れしてきたオムツはマミーポコ、メリーズ、ムーニーとありますが、ゲンキのオシッコ漏れはそれらとはちょっと違う漏れ方。

 

マミーポコ・メリーズ・ムーニーの漏れ方は、どちらかというと漏れるっていうより「染み出してくる」って感じでした。

 

日中に4~5時間つけていると、オシッコを吸収しきれなくなってオムツから染みだしてくる。こういう漏れ方だったんですよね。

 

反対に、夜は漏れることもなく大丈夫でした。

 

でもGenki!の場合は、日中には漏れない(染み出してこない)んですけど、夜つけて寝たオムツが、朝起きたとき漏れてたんです><

 

どこから漏れたかっていうと、腰から背中部分にかけて漏れてました。

 

img_9596
ここの吸収力が弱いのかなぁ・・・。

この赤丸から上の腰や背中部分が、朝起きたらオシッコで濡れていました。

 

頻繁に漏れるわけじゃなかったですが、1週間半くらい使って2回漏れたので、まぁまぁ吸収力は高いわけではないって感じかも。

 

日中は漏れなかったです。夜つけていて、朝起きたときだけ漏れました。

 

何なんだろう、後ろ部分の吸収力が弱いのかなぁ~。

 

 

お値段が高い

Genki!は他のメーカーのオムツに比べると、ちょっと高めです。

 

パンツタイプおむつのMサイズ1枚あたりの値段で比較してみると、

マミーポコは15.8円、メリーズが21円、ムーニーが22.4円なのに対し、ゲンキは23.8円。

(マミーポコの圧倒的な安さが際立つ結果にw)

※※この値段はLOHACOの「おむつ最安値サーチ 一枚あたりの価格で徹底比較!!」というページから1枚あたりの値段を算出しています。

 

パンパースよりも高いかも。パンパースは21.5円なので・・・。

 

個人的には、パンパースがオムツの中で一番高いと思ってましたが、実はゲンキ!が一番高いかもしれない。

補足
ナチュラルムーニーとか、グーンアロマジックとか、パンパース肌へのいちばんとか、ちょっと高級路線のオムツを除きます。

これらはいい素材を使った高級オムツなので、1枚あたりのお値段も高いです。

 

CMもバンバンしてるわけでもないから広告宣伝費も抑えてるはずなのに、何でこんなに高いんだろう?

 

アンパンマンのキャラクター使用料かな?(笑)

 

ゲンキのHP見てみたけれど、特にコレといってすごい素材が使われてるってわけでもなく・・・。(例えばナチュラルムーニーのようにオーガニックコットンが使われてるとかなら分かる)

 

何でこんなに高いのかよく分かりませんが、なんか高いです。他のオムツに比べると、一番高い・・・かもしれない。うん。

 

 

オムツの中が湿っている

あと、これもデメリットだなって思ったのが、オムツを替えるときにオムツの中を触ってみるといつも湿ってるんですよね。

 

オムツを替える直前にオシッコをしたとかじゃなくて。

 

ムーニーはいつでもサラサラだったんですけど、ゲンキは湿ってます。

 

つまり、吸水性が弱いってことなのかなぁ。

 

img_9583
この面がいつも湿ってるんですよね~。

手で触ってみると、しっとり・・・。

ムーニーはいつでもサラッとしてたのに。

※この写真のオムツは未使用のオムツです。

 

ここがいつも湿ってるとカブレの原因になりそうなんだけどなぁ・・・。

 

娘は肌が強い方なのでかぶれることはなかったですが、もしお肌の弱い子ならかぶれるかもしれないなって思いました。

 

 

 

実際にGenki!を使ってみて感じたこと

実際にGenki!を使ってみて感じたこと

柔らかさは他メーカーを圧倒する素晴らしさだけど、デメリットもたくさん

以上、ゲンキのメリットとデメリットを踏まえて思ったことは、「柔らかさは圧倒的に素晴らしいけど、デメリットもたくさんあるなぁ」ってこと。

 

前回のムーニーのときの記事にも書いたんですが、私が個人的に重視しているのは「オシッコ漏れしない」ってことなんです。

 

日中につけていてオシッコが漏れる(染み出してくる)オムツはいくつかありましたが、朝起きたときに漏れていたオムツはゲンキがはじめてだったのでちょっとびっくりしました。

 

日中漏れなかったのは良い点だけど、夜寝てる間に漏れちゃうってのは、やっぱりイヤだなぁと。

 

もし私がオムツをつけている赤ちゃんや子供の立場だったらって考えてみると、朝起きたときに背中や腰がオシッコで濡れているのってやっぱりヤダなぁって思うんです。

 

日中に漏れるのもイヤだけど、朝起きて漏れてるのも何だか目覚めが悪いようでイヤだなって。

 

ゲンキの柔らかさは本当に他を圧倒する柔らかさ・手触りのよさ・気持ちよさなんですけど、それを持ってしても

  • 背中のおしっこ漏れ
  • お値段の高さ
  • オシッコした後のオムツの中の湿り

はカバーしきれないと言いますか・・・巻き返せないなぁって思います。

 

ということで、ゲンキのいいところも悪いところも包み隠さずお話してきましたが

  • 「ゲンキってどんなオムツなのかな?」
  • 「ゲンキの使用感ってどう?口コミはどう?」

そんな風にゲンキについて知りたいと思っているママさんのお役に立てればいいなと思います♡

 

ぜひぜひあなたの今後のオムツ選びの参考にしてもらえれば嬉しいです♡

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ともぴ

1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。