助けて!Instagramのフォロワーが減って落ち込むあなたへ

インスタグラム フォロワー 減

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
2歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket

あなたはインスタグラムをなんのためにやっていますか?

 

友人とコミュニケーションするため?芸能人の写真をチェックするため?自分の洋服のコーディネートを載せるため?それとも、ビジネスのため?

 

目的は多々あれど、インスタグラムをやっている人なら必ず一度は経験があると思います。

 

そう、フォロワーが減ること!

 

フォロワーが減るとショックを受けませんか?自分の何がダメだったんだろう・・・と悩んでしまいませんか?

あなたの気持ち、痛いほど分かります。

 

なぜって、私も何度も同じ気持ちになったからです。

 

今回の記事は、私と同じようにフォロワーが減って落ち込んでいる人、ショックを受けている人を励ましたくて、書きました。

 

悲しい気持ちになる前に、良かったらぜひ読んでみて下さい。

 

(インスタグラムを本気でやめたいと思っているあなたはこちらの記事

>>>Instagramをやめたいあなたへ。もおすすめです。)

フランス発の日本未上陸子供服ブランド「jacadi(ジャカディ)」のセレクトショップをしています♡
>>>インポートベビー服のセレクトショップ「Maison de joie」
当店を利用していただいたお客様の声はこちら♡
>>>お客様の声

当店ではどこよりもお客様のことを考え、丁寧できめ細やかな対応を心がけています。詳しくはこちらから♡
>>>「Maison de joie」が数多くのママさんたちに選ばれる理由

 

 

 

どうしてInstagramでフォロワーが減るとショックなんだろう?

インスタグラム フォロワー

 

自分を否定されたような気持ちになる

インスタグラムでフォロワーが減っていることに気付いたときの、あの気持ち!

 

辛いですよね~。自分を否定されたような気持ちになりますよね。

 

「私の写真が魅力的じゃなかったのかな?」「つまんないと思われたのかな?」「どうしてなんだろう?」

 

考えちゃいますよね。 悩んじゃいますよね。 正直、落ち込みますよね。笑

 

痛いほどわかります。 私も全く同じだからです。

 

「いちいちそんなことで悩んでるの?」って思われるかもしれませんが、気にしてしまうんですよね。

 

だって、フォローを外されるってことは、もう自分の写真に興味がないってことですから、自分自身を否定されたような気持ちになってしまうことは何らおかしいことではないと思うんです。

 

 

フォロワーが減るのは簡単、でも増やすのは難しい

フォロワーが減るのは簡単です。

 

気が付けば一人二人・・・あれ?いきなり三人も減ってる?なんてことありますよね~。

 

でも、フォロワーを増やすのは難しい。一人フォロワーが増えるだけで、大喜びです。

 

だって、ファンが一人増えるってことなんですもん。 嬉しいに決まってます。

 

でも、そんな毎日毎日たくさんの人が、毎日投稿される膨大な数の写真の中から、自分の写真を見つけてファンになってくれることなんてそうそうありませんからね。

 

フォロワーを増やすことって、すごく難しいです。

 

だから、苦労して増やしたフォロワーが減ると、落ち込んでしまうんですよね。

 

 

フォロワーが減っていないか逐一チェックしてしまう

この状態になると、もう心が悲鳴をあげているんじゃないでしょうか。

 

インスタグラムが辛い、やめたいって何度も思ってるんじゃないでしょうか。

 

分かりますよ、やめちゃいたいですよね。そしたらこんな気持ちになることもないですもんね。

 

でも、やめないってことは、あなたにはインスタグラムをやめられない何かしらの理由があるんだと思います。

 

例えば、私のようにインスタグラムをビジネスにも利用している人。

 

他にはインスタグラム上でハンドメイドのお洋服やアクセサリーなどを販売している人もそうですよね。

 

他には、何か将来の目標があって、そのためにインスタグラムを利用している人。

(たとえば将来自分のレシピ本を出したいからお料理の写真を毎日載せているとか、将来自分のアパレルブランドを立ち上げたいからファッションコーデを毎日載せているとか)

 

色んな理由でインスタグラムをやめられない理由があると思います。

 

でも、フォロワーが減ったりして落ち込んでしまう。 モチベーションが続かなくなってきた。

 

インスタグラムをやる意味が見いだせなくなってきた。 疲れた。 やめたい。

 

そんなあなたに、4つの言葉を贈ります。

 

 

 

”去る者追わず”を意識しよう!

インスタグラム フォロワー

 

相手は人間、相性だってあるよ

フォローを外されてショックを受ける気持ち、本当によくわかります。

 

でも、相手もあなたと同じ人間。 相性だってあります。

 

あなたの写真が魅力的じゃないからではないんです。あなた自身がダメだからじゃないんです。

 

ただ、相性が合わなかっただけ。それだけなんです。

 

 

去っていった人のことをいくら考えても答えは出ない

「どうしてフォロー外されたのかな?」「何が気に入らなかったのかな?」どうして?どうして?どうして?

 

正直、去って行った人の気持ちなんて誰にもわかりません。

 

その人がどんな気持ちであなたのフォローを外したのかなんて、わかるはずがないんです。いくら考えたって答えは出ません。

 

だから、もう考えるのやめましょうよ!

 

実はあなたには、他にもっともっと大切なことがあるんです!

 

 

自分のファンでいてくれる人を大切にすればいい

去って行った人の気持ちを考えるよりも、あなたにとってもっともっと大切なこと。

 

それは、いま自分のファンでいてくれている人(今いるフォロワーさんたち)を大切にすることです。

 

去って行った人を追っても、無意味です。だって、相性が合わなかったんですから。

 

そんなことよりも、いまあなたを評価してくれている人、あなたのファンでいてくれている人をもっともっと大切にしてください。

 

きちんとコミュニケーションを取って、相手に感謝の気持ちを伝えて下さい。

 

それが何よりも大切です。

 

あなたのファンでいてくれているということは、すごいことですよ。あなたのことを評価してくれているんですから!

 

嬉しいですよね。

 

正直、フォローを外されたことがショックで、本当はちゃんとあなたのことを評価してくれている人がいるってことを、忘れていませんでしたか?

 

あなたにはちゃんとファンがいるんです。 だから大丈夫!

 

それを忘れないでくださいね。

 

 

 

他人と比較しないこと!

インスタグラム フォロワー 減る 落ち込む

 

自分より凄い人は山のようにいる

フォロワーが減って落ち込んでいるとき、自分よりもフォロワー数が圧倒的に多い人を見て更に落ち込んだりしていませんか?

 

「この人はすごいな。こんなにたくさんファンがいるんだなぁ。それに比べて自分は・・・あーあ。」

 

ダメダメー!! 比較しちゃダメ!!他人と比べる前に、一度立ち止まって考えてみて下さい。

 

その人は、自分よりもずっと長くインスタグラムをやっている人ではありませんか?

 

その人は、自分よりもずっと写真をアップしている数が多い人ではありませんか?

 

その人は、自分よりも例えば販売経験や何かをしていた経験がずっと長い人ではないですか?

 

そんな人と自分を比べて落ち込んでしまうのは当たり前です。だって、相手の方が経験も歴史もずっとずっと上なんですから。

 

だから、比べちゃダメです。 そもそも、比べる対象ではありません。

 

 

ステージが違うんだから、相手の方が凄くて当たり前

たとえば、私の娘はいま1歳0か月なんですが、まだ歩けません。

 

抱っこ大好きです。 なので自分から歩こうともしません。笑 まぁ、それはいいんですが。

 

そんな娘が、1歳6か月の赤ちゃんを見て、「わ~、この子すごいな。もう歩いてる!それに比べて私はまだ歩けないなんてダメだな」って思うと思いますか?

 

思わないですよね。だって、歩いてる子と娘は6か月も差があるんですから。歩ける程度に差が出て当たり前です。

 

もうお分かりですよね?あなたが比べて落ち込んでいるのは、こういうことです。

 

経験に差があるんだから当然なんです。 落ち込む必要なんてないんです!

 

 

でも、自分に出来ることが必ずあるはず

差があるけれど、比べて落ち込んでしまう気持ちも分かりますよ。

 

だったら、自分に出来ることを探しましょう!どんな小さなことだっていいです。

 

例えば、「コメントをくれたら、それにちゃんと返事をする」「フォロワーさんの投稿には必ずいいねをする」

 

え?こんなの当たり前だって?

 

いいえ、違うんです。意外とこういう当たり前のことが出来ていない人、多いですよ。

 

当たり前のことだからこそ、そこをちゃんと丁寧にやる。

 

簡単そうでいて、難しいからでしょうか。出来ていない人、とても多いです。

 

どんな小さなことでもいいんです。自分に出来ることをコツコツやっていけば、それが信頼につながります。

 

他人と比べて落ち込む前に、自分に出来ることを探しましょう!

 

 

何かを発信し続けるのは、とても勇気がいること

インスタグラム フォロワー

 

何かを続けるのは本当にすごいこと

まず、あなたを褒めさせて下さい!

 

あなたはすごいです!! 毎日頑張ってインスタグラムに写真をアップしているなんて!

 

毎日頑張っていいねしたりコメントしたり、努力しているんですね! すごいです!!

 

大変ですよね、時間も労力も取られるんですから。

 

でも、そんなこと関係なく、頑張っているあなたはすごいです!!

 

え?インスタグラムを2か月も続けているんですか? すごいじゃないですか!!

 

何かを続けるって、すごく大変なことです。

 

始めるのは簡単です。でも、続けることが何よりも難しい。

 

人間って飽き性ですから。それに最近のSNSは飽きたらすぐにやめられますもんね。

 

でも、やめずに続けているあなたはすごいです。

 

 

自分の意思を持って発信し続けることは、もっともっとすごいこと

あなたは何かを成し遂げたくて、インスタグラムで発信を続けているんですよね?

 

自分の意思を持って発信し続ける。これって、すごく大変なことです。何よりも勇気がいることです。

 

自分の意見や気持ちを、もしかしたら誰かに否定されるかもしれないんですから。

 

でも、そんな恐怖と闘いながら、毎日頑張って努力して発信し続けているんですよね。

 

素晴らしいと思います。

 

私も自分でビジネスをやるようになって、自分から何かを発信し続けることの大変さを初めて知りました。

 

今までは受け身で、流れてくる情報を受け取る側でした。

 

それって楽ちんなんですよね。受け身でいることは何よりも楽ちんです。傷つくこともないんですから。

 

でも、発信する側になってみて、発信することの大変さが日々身に染みて分かります。

 

傷つくこともありますよね。悲しくなることもありますよね。

 

もうやめたいって何度思ったか。でも、何かを成し遂げたいから、だからやめずに頑張っている。

 

その姿勢、本当にすごいと思いますよ。

 

 

自信を持って!努力しているから辛いんだよね

だからあなたには、自信を持ってほしいです。

 

何かを成し遂げようと努力しているあなたは立派です。

 

難しいかもしれませんが、自信を持ってください!

 

努力しているから、上手くいかないことがあると辛いんですよね。落ち込むんですよね。

 

辛いのは、落ち込むのは、あなたが何かに一生懸命頑張っている証拠です。

 

世の中には何かに一生懸命になれない人の方が圧倒的に多いです。受け身の人の方がずっとずっと多いです。

 

でもその中であなたは勇気を持って何かを成し遂げようとしている。

 

そのために、何かを発信し続けている。

 

素晴らしいことです。だから、自信を持ってほしいです。

 

 

 

一年後には、今やっていることが必ずあなたの武器になる

インスタグラム フォロワー 減る 落ち込む

 

コツコツ続けることで信頼を得る

この間、私はT.M.Revolutionの西川貴教さんのテレビでのインタビューの言葉に衝撃を受けました。

 

インタビュアーの女性に「デビュー当初は、追い風と向かい風、どちらが多かったですか?」という質問を受けた西川さんは、「断然向かい風ですね!」と。

 

「デビュー当初は(奇抜な服装をしていたこともあって)何だコイツ?って正直思われていたと思います。でも、それをずっと続けてきたことで、少しずつ認めてもらえるようになってきたのかな、と思います。」

 

西川さんは、T.M.Revolutionとして活動する前、ビジュアル系バンドで一度デビューをしていました。

 

でも、まったく売れずに解散。T.M.Revolutionとしてソロで活動するようになったそうです。

 

バンドがまったく売れなかった経験から、T.M.Revolutionとしての活動では売れるしかないと腹をくくり、少しでも多くの人の目に留まるために奇抜な服装をし、派手な演出をし、歌い続けてきたんだそうです。

 

 

必ずあなたの姿勢を評価してくれる人は増えていく

芸能界という特殊な世界と、私たちが頑張っている世界は違いますが、でもコツコツ努力する西川さんの姿勢は私たちも見習うべきところがあると思うのです。

 

西川さんですら、輝かしい歌手活動に見えますが、ご本人は「向かい風の方が多かった」と言っています。

 

努力しているから、頑張っているから辛いこともたくさんあるんですよね。

 

でも、どんな小さなことでもいいから続けていくこと。

 

そうすれば必ずあなたの姿勢を評価してくれる人は増えていくはずです。

 

 

 

まとめ

インスタグラム フォロワー 減る 落ち込む

何か目的を持ち、インスタグラムを使って発信し続けているあなた。

 

フォロワーが減って辛い気持ち、わかりますよ。

 

でも、あなたはじゅうぶん努力しています。がんばっています。

 

一生懸命努力しているから辛いんですよね。

 

自分の意思を持って何かを発信し続けているあなたは、誰よりも立派です!

 

あなたは一人ではありません。一緒に頑張りましょう!

 

インスタグラムを続けるのが辛くなったら、何度でもここへ来て下さい。

 

一緒に頑張りましょうね!!

 

 

>>次のページは

Instagramをやめたいあなたへ。

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

4 件のコメント

  • 初めまして!
    まさしくインスタ疲れして、インスタグラム 辞めたい で検索してこちらに来ました笑
    そして何と言ってもびっくりしたことが、ブログを書かれているのが以前フォローさせていただいたともぴさんだったこと…!
    こういったブログ書かれているなんて知らず、なんだかとても嬉しいです。まさしくともぴさんはキラキラした眩しすぎるくらいのママ、だったので…笑

    • たま様

      はじめまして!
      このたびは当ブログを読んでいただき、コメントも頂きまして本当にありがとうございます。
      とっても嬉しかったです、大変有難く読ませていただきました。
      何より私も驚きました!まさか過去にフォローしていただいてたなんて!!(笑)
      フォローしていただいていたのに、最近は全くインスタグラムを更新しておらず、お恥ずかしい限りです^^;
      今だからこそ言えることなのかもしれませんが、キラキラしているように見せようと頑張っていた部分も多少ありました(笑)キャー恥ずかしい。
      キラキラしているように見せようと何だか頑張りすぎてしまった部分があって、私自身もそんな自分に嫌気が差して疲れてしまって。
      なので、たまさんがインスタ疲れをされるお気持ちもとってもよく分かります。
      もしインスタにお疲れで辞めたいなって思っていらっしゃるんだったら、
      一回お休みしてみてもいいんじゃないかなって思いますよ^^
      辞めたいな、しんどいなって思ってるのに続けるよりも、たまさんが笑顔で毎日楽しく過ごすことのほうが、ずっとずっと大切ですから♡
      キラキラしたママだったなんて言っていただけて、本当に有難いです。私には身に余るお言葉です。
      ほんとはフツーのママなんですよ(笑)
      最近はインスタはもうほぼほぼ止めていて、ブログばっかり書いてるので、
      もし宜しければブログのほうにもまた遊びに来ていただけると嬉しいです♡
      また、たまさんのお話も聞かせてください^^
      本当にコメントありがとうございます♡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ともぴ

    2歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。