【節約したいママ必見】出産準備リストに入ってるのに本当はいらないベビー服がある?!

【節約したいママ必見】出産準備リストに入ってるのに本当はいらないベビー服がある?!

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
2歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket


前回までの「すべてのプレママ・ママのためのベビー服の教科書」

現在妊娠7ヶ月のリカ。

出産準備をするためにインターネットで情報収集していましたが、何もかも分からないことばかりで嫌になってしまいます。

そんなとき、ひょんなことから1歳の女の子の現役ママでもあり、ベビー服のショップも運営しているという”ともぴ”に出産準備について教えてもらうことに。

そこで、出産準備には絶対に必要なべビー服とそうでないベビー服があること、そして、出産準備に必要なべビー服がどういう理由で必要なのかについて、詳しく聞くのでした。

 

このお話は、

  • 物語を読んで、出産準備~出産~子育てと、子供の成長と共にどんどん変わっていくベビー服の勉強をして
  • 一緒にワークもして
  • これからあなたも経験していく育児を、登場人物と一緒に予習していくことで

育児に対する不安を無くし、ベビー服を、そして育児を楽しめるようになるための教科書です♡

まだ読んだことがないあなたは、こちらからどうぞ♡

♦すべてのプレママ・ママのためのベビー服の教科書 第1話

「何を用意したらいい?出産準備に必要なべビー服・いらないベビー服」

 

それでは、第3話も早速スタートしていきましょう♡

 

「(スヤスヤ・・・)むにゃむにゃ、うーん、出産準備・・・必要なもの・・・いらないもの・・・むにゃむにゃ」

出産準備に対しての不安や心配が少しずつ無くなってきたことで、夜も安心してグッスリ眠れるようになってきたリカ。

どうやら夢を見ているようです・・・リカは夢の中でも、出産準備の勉強をしているのかしら?

 


・名前:リカ

・今の状況:もうすぐ出産を控えたプレママ。現在妊娠7ヶ月。

・今の悩み:もうすぐママになるが、初めての出産なので分からないことだらけ。妊娠・出産・育児について詳しい人に、色々と教えてもらいたいと思っている。

 

 

「リカちゃーん♪」

 

「(あれ・・・夢の中でともぴさんが呼んでるような気がする・・・)むにゃ~」

 


名前:ともぴ

・職業:1歳の女の子を育てる現役ママ / 海外ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」の店長

・やってること:世界中の可愛いベビー服・子供服を日本中のママさんたちに届けている。また、ブログでベビー服や子供服のおしゃれ、コーデの仕方やママのファッション、育児に関することなどを発信している。 ※大阪生まれ大阪育ちの生粋の関西人だが、なぜが標準語気味。たまに関西弁を織り交ぜてくるので、エセ関西人かと疑われることもしばしば。

 

「リカちゃんてば勉強熱心♡夢の中まで出産準備のことでいっぱいみたいだから、私もリカちゃんの夢の中に出てきちゃった♪」

 

「(えっ!ともぴさんってホントに何者?!)きょ、今日は出産祝いにいらないものを教えてくれるんでしたっけ・・・?むにゃ・・・」

 

「そうです♪今日は、”たいていの出産準備リストには入ってるのに、本当は全くいらない・使わないもの”を紹介するとともに、

どうしてそれがいらないのか詳しくお話していこうと思うよ^^

リカちゃんの夢の中でね^^」

 

「ひゃ、ひゃい~」←寝言

 

 

【節約したいママ必見】出産準備リストに入ってるのに本当はいらないベビー服がある?!

(ほんとは全く使わない・いらないのに、出産準備リストに書いてあったからといって必要ないものを買ってしまった日には・・・この写真の赤ちゃんのように涙涙ですよねw)

 

 

多くのサイトの出産準備リストに必ずといっていいほど入ってるのに、実際は全く使わないベビー服がある!?

「リカちゃんも実際に自分でインターネットを使って出産準備に必要なものや買わなきゃいけないものを色々と調べてたと思うけど、

”出産準備リスト”って出産準備に必要なアイテムはこれだよ~って書いてあるサイトとかあるよね。」

 

「うん。私も自分で出産準備について調べてたとき、色々なサイトで”出産準備リスト”を見たわ。」

 

「でもね・・・実はそのリストの中に書いてあるものには、実際は全く使わないものやいらないもの、

必要ないもの、買わなくていいもの(もしくは今すぐに買わなくてもいいもの)がたくさん入ってるの。」

 

「えぇっ!?そうなの?」

 

「出産準備リストに書いてあるからといって、全部必要なものなんだと思って買ったら、実際に子育てを始めてみると全く使わなかったってママさんは多いのよ。

だけどさ、リストに書いてあるものが本当に使うものか使わないものか、いるものかいらないものかなんて、初めてママになるプレママさんたちに見分けられるわけないじゃない?」

 

「そうよね、私も絶対見分けられる自信ないわ。」

 

「それにね、出産準備って、ただでさえお金がかかるじゃない?ベビー服以外にもたくさん買わなきゃいけないものってあると思うの。」

 

「哺乳瓶やオムツ、ベビーカーやチャイルドシート、ベビー布団などなど、揃えなきゃいけないベビーグッズってたくさんあるわよね。」

 

「そう!それに加えて産院の費用もかかってくる。だから、出産準備にかかる出費はなるべく抑えたいってママは多いと思うの。」

 

「私もそう思う。いらないものや使わないものがあるんなら、買わないで済むようにしたいわ。」

 

「そうよね!ということで、ここからは”出産準備リストには必ずといっていいほど入っているのに、本当は全く使わない・いらないベビー服は何なのかお話していくね^^」

 

 

 

出産準備リストに入ってるのに全くいらないベビー服はこれだ!!

「多くの”出産準備リスト”には『準備しましょう』っていって書いてあるものでも、実際子育てしてみたら全く使わなかったもの・いらなかったもの(今すぐには買わなくていいもの)は、ずばりこれ!

  1. 長肌着
  2. ミトン
  3. 帽子
  4. 靴下
  5. スタイ(よだれかけ)

です!」

 

「こんなに?!なんだか全部必要そうだけど・・・?本当にいらないの??」

 

「うん。(キッパリ)」

 

「でも、ともぴさんがいらないって言うってことは、それなりに理由があるってことよね。どうしていらないのか教えて欲しいわ」

 

「もちろん!それじゃ、ここからはどうしてこれらが出産準備には必要ないのか・いらないのかについてお話していくね。」

 

 

 

どうしていらないのか、現役ママが詳しくお話します!

「それじゃ、

  1. 長肌着
  2. ミトン
  3. 帽子
  4. 靴下
  5. スタイ(よだれかけ)

これらがどうして出産準備に必要ないのか、その理由をお話するね。」

 

 

①長肌着(ながはだぎ)

長肌着とは、字のとおり、長い肌着のこと。

 

出産準備に必要なベビー服の中でご紹介した短肌着ってありましたよね?その短肌着を、そのまますそを長くしたものと考えてもらえればオッケー。

 

短肌着は赤ちゃんの腰~ふとももくらいまでの長さですが、長肌着はワンピースみたいに赤ちゃんの足首あたりまでの長さがあります。

 

長肌着の役割は、短肌着のように肌着として使ったり、コンビ肌着のように短肌着の上に重ねて使うというものです。

 

赤ちゃんの肌着として使われたり、短肌着と重ねる”重ね着要員”ってわけですね。

 

さて、ではどうして長肌着が出産準備にいらないものなのか。

 

それは、

  1. 長肌着の役割を、コンビ肌着で代用できちゃうから
  2. 使える期間がとっても短いから

なんです。

 

長肌着は、短肌着よりもすそが長くてワンピースみたいな形の肌着だってお話しましたよね。

 

でも、そんな長肌着と似たような形の肌着がもう一つありましたよね・・・そう、コンビ肌着です!!

 

(↑コンビ肌着)

コンビ肌着も短肌着と同じような形だけど、短肌着と違うところはすそが長くてワンピースのようになっているところ。

でも、すそのスナップボタンを留めるとズボンのようにして着せることも出来る、そんな肌着です。

肌着という名前のとおり、赤ちゃんの肌着としても使えるし、短肌着の上に重ねて使うものです。

 

 

コンビ肌着も長肌着も、すそが長くてワンピースのようになっているところは、全く一緒なんです。(すその形はちょっと違いますけどね^^)

 

でも、どうしてコンビ肌着や長肌着は短肌着と違ってすそが長いのか?

 

それは、肌着が赤ちゃんの足首までカバーするので、冷えや寒さを防いで暖かくしてくれるから。

 

冬生まれ赤ちゃんは寒さとの戦いなので、すそが長い肌着はとっても重宝するんじゃないかな。

 

だけど、さっきも書きましたが長肌着の役割って、コンビ肌着で代用できます。

 

だって、コンビ肌着も長肌着と同じようにすそが長い。

 

しかもコンビ肌着は、スナップボタンを留めればズボンのように着せられるので、すそがワンピースのようにスースーの長肌着とは違って、より冷えを防いでくれるように思う。

 

ここで長肌着の役割をもう一度思い出して欲しいんですが、

  1. 肌着としての役割
  2. 短肌着の上に着せる”重ね着要員”

でした。

 

これ、コンビ肌着の役割と丸カブリじゃん・・・!!!

 

ということで、長肌着の役割がコンビ肌着で代用できてしまうってこと、理解していただけましたか?

 

また、長肌着が出産準備にいらない理由の2つ目として、使える期間が短いっていうのもありました。

 

これはどういうことかというと、本当に産まれたばかりの赤ちゃんってあまり動かないし、ほとんど寝てるかミルク飲んでるかおしっこかうんちです。

 

だけど、そんな赤ちゃんも1ヶ月もすると少しずつ成長してきて、手を動かしたりあんよを動かしたり出来るようになってきます。

 

そうなると、長肌着のような、すそがワンピースみたいになっている肌着は、赤ちゃんのあんよのバタバタですそがはだけちゃう&めくれ上がってきちゃうんです。

 

長肌着って何のためにすそが長いのかっていうと、赤ちゃんのあんよまでカバーして冷えを防いで寒さから守ってくれるためでしたよね。

 

でも、長肌着のすそが赤ちゃんのあんよバタバタではだけたりめくれ上がったりしたら、赤ちゃんのあんよは丸出し。冬生まれの赤ちゃんならすぐに冷えてしまう。

(夏場もクーラーしてたりするから、クーラーでも冷えたりするよね)

 

長肌着はすそが長いことで赤ちゃんのあんよをカバーして冷えから防ぐことが役割だったのに、たった1ヶ月くらいでその役割が終わっちゃう。

 

これが、長肌着が使える期間が短いっていう理由なんですね。

補足
長肌着では残念ながら対応できなかった赤ちゃんのあんよバタバタにもちゃんと対応できるのが、コンビ肌着ってわけです。

コンビ肌着はあんよ部分にスナップボタンが付いている肌着でした。

これを外していると長肌着みたいにワンピースのように着せられるんですが、ボタンを留めるとズボンのように着せられる肌着でしたよね。

このボタンを留めてズボンのように着せれば、赤ちゃんがいくらあんよをバタバタしようとも、動こうとも、すそは絶対にはだけない&めくれ上がってこないんです。

コンビ肌着は、長肌着には出来ないことまで出来るスゴイ肌着なのです。

私が”長肌着は必要ない、コンビ肌着は必要です”っていうのはこういう理由だったんです。

 

 

②ミトン

ミトンとは、一言で言うと”赤ちゃんの手袋”。

 

どうして赤ちゃんが手袋するの?って思いますよね。

 

それは、赤ちゃんが自分の手で顔を引っかいちゃうから。ガリガリ引っかいてしまって、キズが出来たり血が出たりするから。

 

だから、引っかきを防止するために、ミトンをはめるんですね。

 

でもね・・・正直、ミトン、全くいりません。(キッパリ)

 

確かにね、赤ちゃんって自分の顔を引っかいちゃうことがよくあります。私の娘も新生児の頃、よく顔を引っかいてキズが出来てました。

 

何で赤ちゃんは顔を引っかくのか?諸説あるみたいですが、無意識で引っかいてしまってたり、モロー反射によって手が顔に当たったり、乳児湿疹だったり。

モロー反射とは

モロー反射とは、オーストリアのエルンスト・モロー医師が発見した、生まれたばかりの新生児に起こる原始反射の一つです。

ママに抱きつく仕草に似ていることから、外部の刺激から身を守るための反射動作だと考えられています。

モロー反射では、主に次のような動きがみられます。

1.寝ている時にビクッとなる
2.驚いたように腕を伸ばして指を広げる
3.ゆっくりと何かに抱きつくような動きをする

引用:「モロー反射とは?」マーミーより

 

赤ちゃんが顔を引っかいてしまうのは仕方ない。(乳児湿疹が理由の場合はすぐに小児科に行きましょう)

 

だって赤ちゃんに見られる生理現象だったり、無意識でやってることだったりするから。

 

じゃあ、そもそも引っかいてキズが出来ないようにすればいいのでは?

 

顔に引っかき傷が出来る原因って、たいてい赤ちゃんの爪が伸びてるからって理由が多いです。

 

だから、赤ちゃんの引っかき傷を予防するには、こまめに爪を切ってあげるようにするのが一番大切。

 

私の娘も新生児の頃よく顔を引っかいてましたが、キズが出来ちゃうときはいつも、私が爪を切るのを忘れていたときや爪が伸びているのに気づかなかったときでしたから。

 

そう、爪をちゃんと切ってあげてさえいれば、ミトンなんて必要ないんです。

 

あと、ミトンをつけること自体にも、「どうなの?」って意見もあるみたい。

 

赤ちゃんは手のひらや足のうらや頭から熱を発散して体温調節をしてます。私たち大人と違って体温調節が未熟な赤ちゃんの、大切な体温調節の場所である手をミトンで覆うのはあんまり良くないですよね。

 

実際に私が出産した産院でも、赤ちゃんにミトンは付けませんでした。反対に、爪をこまめに切ってあげてねって指導されました。

 

それに、赤ちゃんもミトン付けられたらイヤがって、すぐに外したり取れたりしちゃう。^^;

 

そもそも顔の引っかき傷を防止するためのミトンなら、引っかきキズを作らなければいい話です。

 

そのためには、こまめに爪を切ってあげること、こまめに赤ちゃんの爪の伸び具合をチェックしてあげること。これが一番大事。

 

 

③帽子

③帽子

赤ちゃん用の帽子。

 

赤ちゃんって産まれたときは髪の毛が少ないこともあって寒そうに見えるからか、とにかく寒くないように!って家の中でも厚着させがちですが、帽子はいらないです!!

 

さっきミトンのところでも少し触れましたが、赤ちゃんは手の平や足の裏やあたまから熱を発散して体温調節をしてます。

 

だから、そんな頭を帽子で覆っちゃうと、赤ちゃんの体温調節が上手く出来なくなります。

 

室内にいるときは冬でも暖かいと思うので、帽子を被らせなくても大丈夫です。(赤ちゃんの寝ているお部屋ってあったかくしてますよね?)

 

反対に冬生まれの赤ちゃんなら外に出るとき(検診のときや退院のとき)は、寒さ対策のために帽子を被せてもいいと思います。

 

でも、そんな1時間や2時間めっちゃ寒い中で外にいるわけじゃないだろうし、何十分の移動とかなら、真冬でも特段必要ないんじゃないかな。

 

 

④靴下

赤ちゃんのあんよに履かせる靴下。

 

これもさっきのミトンと帽子がいらない理由と重なってくるんですけど、赤ちゃんは足の裏で熱を発散して体温調節をしてるので、基本的には靴下は履かせない方がいいです。

 

体温調節が上手くできなくて、最悪の場合、体の中に熱がこもって脱水症状・・・なんてことにもなりかねないので・・・。

 

家の中にいるときも、赤ちゃんのお部屋って基本的に暖かくしてると思うので、靴下はいりません。

 

真冬に検診なんかで外に出る場合、履かせてもいいとは思いますが、長時間(1時間2時間とか)屋外にいない限りは基本的にはいらないと思います。

 

 

⑤スタイ(よだれかけ)

よだれかけのことを、最近はスタイっていいます^^ 普通によだれかけのことです^^

 

スタイは、正直出産準備のときに買わなくてもいいものだと私は思っていて。

 

つまり、今すぐには買わなくてもいいけど、もしかすると今後必要になるかもしれないのがスタイなんです。

 

というのも、赤ちゃんの成長によってスタイが必要になる子と必要ない子に分かれるから。

 

スタイって、よだれかけって名前のとおり、赤ちゃんの口から出るよだれを拭くもの、よだれでお洋服が汚れないようにするもののことですよね。

 

よだれでお洋服がビチャビチャ、何度もお着替えしないといけない・・・だから、スタイは絶対に必要!!って赤ちゃんもいれば、よだれが全然でない子もいます。

 

私の娘がまさにそうでした。スタイを一回もつけなくていいくらい、よだれ出ませんでした。^^;

 

それにね、スタイが必要になる時って、赤ちゃんのよだれがどんどん出てくるときだと思うんですが、赤ちゃんのよだれが活発(?)になるのって、生後2~3ヶ月からなんです。

 

ってことは、いまあなたのお腹の中にいる赤ちゃんが、よだれがよく出る子なのかよだれが出ない子なのかはまだ分からないってこと。産まれてすぐの赤ちゃんも、もちろんそう。

 

だから、スタイは出産準備のときに買うんじゃなくて、出産をして、その子を育てていく中で、よだれが多い子なのか少ない子なのかを見極めてから買っても遅くないんじゃないかなって私は思うんです。

 

私の娘みたいによだれが全然でない子なんだったら、買わなくていいし、よだれがたくさん出る子なんだったらその時にスタイを買えばいいし。

 

今はネット社会ですから、買い物だってすごく便利です。アマゾンや楽天なんかのネットショップを使えば、「欲しい」「買いたい」って思ったときにすぐ注文できて、すぐ届けてくれて、しかも日本全国どこにでも配達してくれる。

 

だから、小さな赤ちゃんを抱えて外に買い物に行かなくても大丈夫だし、もしスタイを買わなきゃって思ったらネットで買えばいいんですもんね^^

 

だから、今すぐ買う必要は全くなくって、わが子の成長を見ながら、わが子にとって必要なものを後で買い足せばいいんじゃないかなって私は思ってます^^

 

 

「なるほどね、

  1. 長肌着
  2. ミトン
  3. 帽子
  4. 靴下
  5. スタイ(よだれかけ)

これらが出産準備には必要ないものだっていうのが、分かったわ。」

 

「良かった!じゃあ、リカちゃん、いつものように今日のまとめをお願いね♡」

 

「任せて!今日の内容をまとめると・・・

①長肌着はコンビ肌着と役割が全く同じなのでコンビ肌着で代用できること、そして使える期間が短いことから出産準備に必要ないアイテムである。

長肌着の代わりにコンビ肌着を準備すればOK

 

②ミトンは赤ちゃんが顔を引っかいてキズを作らないようにするために手にはめるものだけど、赤ちゃんの爪をこまめに切っていればミトンを使わなくても顔を引っかいてキズを作ってしまうのを防げる。

また、ミトンは赤ちゃんの大切な体温調節器官である手のひらを覆ってしまうものなので、使うのはあまり良くない。

 

③帽子は赤ちゃんのあたまを寒さから守るためのものだが、赤ちゃんはあたまからも熱を発散して体温を調節しているので、あたまを覆ってしまうのはあまり良くない。

また、寒い冬でも屋内はたいてい暖かいので、帽子をつける必要はない。

 

④靴下は赤ちゃんの足に履かせるものだが、赤ちゃんは足の裏からも熱を発散して体温を調節しているので靴下を履かせる必要はない。

体温調節がうまく出来なくなって、最悪の場合からだの中に熱がこもり、脱水症状になってしまうことも。

 

⑤スタイ(よだれかけ)は、生後2~3ヶ月のよだれが出るようになってから使うものだが、よだれが多く出る子とよだれが全く出ない子がいる。よだれが出ない子ならスタイは必要ない。

また、スタイを使うのは赤ちゃんが産まれてしばらくしてからなので、今すぐ買う必要は全くない。わが子の成長を見ながら、わが子にとって必要なものを後で買い足せばいい。

これでどうかな?ちょっと長くなっちゃった。」

 

「うわ~~~!!やっぱリカちゃんさすがやわ~~~!!!(ちょっと長いけど)分かりやすくまとめてくれてホンマにありがとう!!」

 

「いえいえ、ぜんぜん・・・(え、ちょっと長いけどっていうツッコミが入った?!)」

 

「あ!そうだわ!ひとつ質問してもいいかしら?」

 

「もちろん!なぁに?」

 

「さっき、スタイの説明のところで、わが子の成長によって必要なものと必要でないものを買い足せばいいって言ってたじゃない?

あれで思い出したんだけど、前に出産準備に必要なベビー服について話してくれてたとき、”赤ちゃんの生まれる季節別に追加したほうがいいアイテムもあったりする”って話してくれたわよね。」

 

「うんうん、そんな話もしたよね^^」

 

「だからね、赤ちゃんの産まれる季節別に買い足した方がいいアイテムって何なのか、次はそれが知りたいわ♪」

 

「そうだね!じゃあ次は、赤ちゃんの産まれる季節別に、出産準備に必要なべビー服として紹介した

  1. 短肌着
  2. コンビ肌着
  3. ツーウェイオール
  4. ガーゼ
  5. おくるみ、またはバスタオル
  6. セレモニードレス(あれば良いけど、無くても大丈夫!)

に買い足した方がいいアイテムについてお話していくことにするね^^」

 

「ありがとう!また次回も楽しみにしてるわ♡」

「スヤスヤ・・・なんだか夢の中で一生懸命勉強したような・・・夢かしら・・・むにゃむにゃ」

 

 

まとめ

【節約したいママ必見】出産準備リストに入ってるのに本当はいらないベビー服がある?!まとめ

今回は、様々な出産準備リストには必ずといっていいほど書いてあるのに、実際には全く使わないもの・いらないものである、

  1. 長肌着
  2. ミトン
  3. 帽子
  4. 靴下
  5. スタイ(よだれかけ)

についてお話しました。

 

どうしてこれらが必要ないのか・いらないのかについて、リカがさっきもまとめてくれていましたが、

①長肌着はコンビ肌着と役割が全く同じなのでコンビ肌着で代用できること、そして使える期間が短いことから出産準備に必要ないアイテムである。

長肌着の代わりにコンビ肌着を準備すればOK

 

②ミトンは赤ちゃんが顔を引っかいてキズを作らないようにするために手にはめるものだけど、赤ちゃんの爪をこまめに切っていればミトンを使わなくても顔を引っかいてキズを作ってしまうのを防げる。

また、ミトンは赤ちゃんの大切な体温調節器官である手のひらを覆ってしまうものなので、使うのはあまり良くない。

 

③帽子は赤ちゃんのあたまを寒さから守るためのものだが、赤ちゃんはあたまからも熱を発散して体温を調節しているので、あたまを覆ってしまうのはあまり良くない。

また、寒い冬でも屋内はたいてい暖かいので、帽子をつける必要はない。

 

④靴下は赤ちゃんの足に履かせるものだが、赤ちゃんは足の裏からも熱を発散して体温を調節しているので靴下を履かせる必要はない。

体温調節がうまく出来なくなって、最悪の場合からだの中に熱がこもり、脱水症状になってしまうことも。

 

⑤スタイ(よだれかけ)は、生後2~3ヶ月のよだれが出るようになってから使うものだが、よだれが多く出る子とよだれが全く出ない子がいる。よだれが出ない子ならスタイは必要ない。

また、スタイを使うのは赤ちゃんが産まれてしばらくしてからなので、今すぐ買う必要は全くない。わが子の成長を見ながら、わが子にとって必要なものを後で買い足せばいい。

という理由から必要ないんでしたよね^^

 

次回は、赤ちゃんの産まれる季節別に、出産準備に必ず必要な基本的なべビー服に買い足したほうがいいものをご紹介したいと思います♡

 

次回もリカと一緒に勉強していきましょうね!!

 

次回もお楽しみに♡

 

>>>第4話を読む♡>>>

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ともぴ

2歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。