【秋冬生まれ出産準備】赤ちゃんのアウターの選び方教えます!【あなたの育児環境別】

【秋冬生まれ出産準備】赤ちゃんのアウターの選び方教えます!【あなたの育児環境別】

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
ともぴ
1歳の女の子のママです。 可愛いベビー服を通して自分自身の育児が楽しく・幸せなものになった経験から、 ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」を運営しています♡ 私の夢は、私の届ける「お洋服」で日本中のママさんたちを幸せにすること。 日本中のママさんたちの育児をもっともっとハッピーにすることです!! ■VERY3月号に私のことが掲載されました。
Pocket


前回までの「すべてのプレママ・ママのためのベビー服の教科書」

現在妊娠7ヶ月のリカ。

出産準備をするためにインターネットで情報収集していましたが、何もかも分からないことばかりで嫌になってしまいます。

そんなとき、ひょんなことから1歳の女の子の現役ママでもあり、ベビー服のショップも運営しているという”ともぴ”に出産準備について教えてもらうことに。

そこで、出産準備には必ず必要な基本的なベビー服があること、そして赤ちゃんの産まれる季節別にそれに買い足した方がいいものがあることを知ります。

自分の赤ちゃんが産まれる季節に合わせた出産準備品について詳しく聞き、出産準備についてまた少し詳しくなるリカなのでした。

 

このお話は、

  • 物語を読んで、出産準備~出産~子育てと、子供の成長と共にどんどん変わっていくベビー服の勉強をして
  • 一緒にワークもして
  • これからあなたも経験していく育児を、登場人物と一緒に予習していくことで

育児に対する不安を無くし、ベビー服を、そして育児を楽しめるようになるための教科書です♡

まだ読んだことがないあなたは、こちらからどうぞ♡

♦すべてのプレママ・ママのためのベビー服の教科書 第1話

「何を用意したらいい?出産準備に必要なべビー服・いらないベビー服」

 

それでは、第5話スタートです♡

カキカキ・・・どうやらリカは年賀状を書いているようです・・・

「ふ~。毎年年末はいそがしいわ。

25日までにポストに投函しないと元日に届かないから、早く書かなきゃ!」カキカキ・・・


名前:リカ

・今の状況:もうすぐ出産を控えたプレママ。現在妊娠7ヶ月。

・今の悩み:もうすぐママになるが、初めての出産なので分からないことだらけ。妊娠・出産・育児について詳しい人に、色々と教えてもらいたいと思っている。

 

[壁]_・)チラッ

┃壁┃_・)ジー

「(な、なんか気配を感じる・・・)」

 

[壁])≡サッ!!

|壁|д・) ソォーッ…

[壁]д ̄) チラッ

「もー!!ともぴさんでしょッ!隠れてないで出てきてッ!」

 

壁|≡ヾ(*゚▽゚)ノ ハロー♪

「バ、バレてた・・・?」

 


名前:ともぴ

・職業:1歳の女の子を育てる現役ママ / 海外ベビー服のセレクトショップ「Maison de joie(メゾン ド ジョワ)」の店長

・やってること:世界中の可愛いベビー服・子供服を日本中のママさんたちに届けている。また、ブログでベビー服や子供服のおしゃれ、コーデの仕方やママのファッション、育児に関することなどを発信している。 ※大阪生まれ大阪育ちの生粋の関西人だが、なぜが標準語気味。たまに関西弁を織り交ぜてくるので、エセ関西人かと疑われることもしばしば。

 

「いやいやいやッ!すぐ分かるからッ!

も~隠れてないで、普通の登場の仕方でいいよぉ~!」

 

「だってリカちゃんがびっくりするような登場の仕方はやめてって言うから~!

次からは改めます・・・」

 

「ねぇ、そんなことより、今日は赤ちゃんのアウターの選び方を教えてくれるんでしょ?」

 

「(´-`).。oO(そんなことよりってw最近リカちゃんめっちゃ勉強熱心やなぁ。出産準備の話も食い気味に聞いてくれるし)

そうだよ~!前回、赤ちゃんの産まれる季節別に買い足した方がいいアイテムについてお話したけど、

その中で秋冬生まれの赤ちゃんにはアウターを買い足した方がいいことをお話したよね!」

 

「そうそう、赤ちゃんのアウターにはいくつか種類があって、それぞれにメリットとデメリットがある。

そして、ママと赤ちゃんの育児環境によってどのアウターを選ぶべきなのかが変わってくるって話だったよね!」

 

「リカちゃんさすが!

だから今日は、あなたの育児環境にぴったりなアウターは何なのか、どうやって選べばいいのかについてお話したいと思います♡」

 

「よーし!今日もいっぱい勉強しよーっと!」

 

「(´-`).。oO(いつかリカちゃんにベビー服講師の座を奪われそうだわw)」

 

 

 

赤ちゃんのアウターには大きく分けて3種類ある!

「アウターアウターって言ってるけど、赤ちゃんのアウターってどんなものがあるのかをまずは知らなきゃね!

赤ちゃんのアウターには、大きく分けて3種類あります!」

 

「全身が繋がってるのとかでしょ?フードもあって、足先まで全部くるんでくれるような!

それなら見たことあるわ♪」

 

「さすがリカちゃん、詳しいね!

そのほかにも種類があるのよ^^

簡単に説明していくね♡」

 

 

ジャンプスーツ

上下が繋がったつなぎタイプのアウターのことをジャンプスーツといいます。

 

この画像のように、フードがついているものや手足がカバーできるもの、

中綿入りの完全防寒のものなど、ジャンプスーツと一言でいっても色んなパターンがあります^^

 

上下繋がっているので、赤ちゃんの全身をカバーすることが出来ます。

 

全身あったかで、真冬の寒さからも赤ちゃんを守れるのがジャンプスーツの最大のポイント♡

 

 

ポンチョ(ケープ)

ファッションアイテムとしても身近なポンチョ。(ケープともいいます)

 

肩からふわりとかけてボタンを留めるだけで着せられる着せやすさと可愛らしさがポンチョの最大の魅力です♡

 

この写真のようにふわふわの生地のものや、ニット素材のもの、フリース素材のものなど種類もたくさん!

 

 

 

コート(ジャケット)

私たち大人が普段着ているようなコートのこと。

 

ダウンジャケットとか、Pコートとか、トレンチコートとか、ダッフルコートとか。

 

そういういわゆる「普通の」コートのことです^^

 

ママにとっても身近だから、イメージがわきやすいアイテムですね♡

 

 

 

それぞれのアウターのメリットとデメリット

「赤ちゃんのアウターにも色んな種類があるのねー!」

 

「そうなの。でもね、それぞれにメリットとデメリットがあるのよ。」

 

「え!そうなの?」

 

「それぞれのアウターのメリットとデメリットを知ることも、わが子に合ったアウターを選ぶには大切なことよ。

わが子にちゃんと合ったアウターを選ぶためにも、ここからはそれぞれのメリットとデメリットをお話していくね。」

 

 

ジャンプスーツ

*メリット*

①全身を包んでくれるのであったか。とにかくあったかい!

②防寒性が一番高い。つまり、寒さにも強い。

③着ぐるみみたいなデザインのものもあって、着せるとぬいぐるみみたいで可愛い。

④頭・手・足先まですっぽりカバーしてくれるので、帽子や手袋や靴がいらない。

 

*デメリット*

①使える期間が短い(ワンシーズンだけのこと多々)。

②脱ぎ着せがとにかく大変。

③赤ちゃんっぽすぎる。(大人っぽいお洋服が好きなママには不向き)

④温度調節が難しい。

⑤かさばる。

 

ジャンプスーツのいいところは、とにかくその防寒性の高さだと思う。

あたまの先から足先まで、全身をすっぽり覆うことが出来るから、真冬の外出もこれがあれば平気。

でも、ジャンプスーツはとにかく脱ぎ着せがしにくいアイテムでもあるの。」

 

「どういうこと?どんな風に脱ぎ着せしにくいの?」

 

「ちょっと想像してみてほしいんだけど、ジャンプスーツっていうのは上下がつながったつなぎのようなアウターなの。

だから、脱がせるときは赤ちゃんを寝転がせたままファスナーを全部開けて、手足を抜いて、赤ちゃんを抱っこしてジャンプスーツを引き抜いて・・・

反対に着せるときは寝転がせた赤ちゃんの体の下にジャンプスーツを敷いて、手足をスーツの中に入れて、ファスナーを閉めて・・・

すごく大変じゃない?

もしこれがショッピングモールの中や電車の中だったりすると、モールから出たり入ったりするたびに、電車に乗ったり降りたりするたびに脱ぎ着せしなきゃいけないし、

それをベビーカーの上やママの膝の上などの狭い空間で何度もしなきゃいけないと思うと、本当に大変!!」

 

「た、たしかに・・・。

外出先って、家とは違って床に赤ちゃんをゴローンと寝転がらせてお洋服を着せるなんてことできないもんね。」

 

「そうなの。だけど、移動はベビーカーが主だからそんな頻繁に電車を乗り降りしないとか、

外出するのはもっぱら公園に行くことが多いから屋内と屋外を行き来するのは少ないって人なら、

ジャンプスーツはオススメのアウターだと思う^^」

 

「なるほどね!外にいる時間が長い人にはジャンプスーツが向いてるってことね!」

 

 

ポンチョ(ケープ)

*メリット*

①どんな場所でも脱ぎ着せが楽チン!

②長く使える。普通に2~3年着せられる。

③おしゃれで可愛い♡パンツ・スカート・ワンピースなどどんなお洋服にも合う。

④うつぶせ、ハイハイ、あんよなど、赤ちゃんがどんな状態でも肩からさっと羽織らせてボタンを留めるだけで簡単に着せられる。

 

*デメリット*

①防寒性が低い。

②足元が寒いので、ベビーカーに乗せる場合はひざ掛けも用意してあげないといけない。

 

ポンチョのいいところは、とにかく脱ぎ着せのしやすさ!!これに限る!

外出することが多いママは、屋内に入ったときや電車の中に入ったときなど、

温度調節のためにアウターを脱がせてあげることが多いと思う。

ポンチョなら首もとのボタンを外してポンチョを抜き取ってあげるだけで脱がせられるから、すごく楽。

反対に、防寒性でいうとちょっと劣るかな。」

 

「ポンチョは可愛いけど、足元まではカバーしてくれないものね。

寒い地域に住んでる赤ちゃんや、外に長時間いることが多い赤ちゃんにはあまり向いてないのかもしれないわね。」

 

 

コート(ジャケット)

 

*メリット*

①おしゃれで可愛い

②ポンチョよりも防寒性が高い

③コーディネートのひとつとして楽しめる!

 

*デメリット*

①脱ぎ着せしにくい(ジャンプスーツよりはマシだけど)

②着られる期間が短い(毎年買い替える気持ちで)

③足元が寒いので、ベビーカーに乗せるときはひざ掛けを用意してあげないといけない

 

「赤ちゃんのコートってとってもおしゃれで可愛いものが多いけど、

私が個人的に思うのは、コートはあんよが出来るようになってからのほうがいいんじゃないかなって。」

 

「どうして?」

 

「コートって、赤ちゃんがタッチしてるときに着せるのが一番着せやすいのよ。

私たちもコートを着るとき、コートに袖をとおして羽織ってボタンを留めて着るけど、

寝ながら着たり座って着たりするより、立って着るほうが着やすいじゃない?

それと同じで、赤ちゃんにコートを着せるときもタッチしてくれた方が着せやすいの。」

 

「そっか!でも、ねんね期の赤ちゃんやハイハイ期の赤ちゃんはタッチしたまま服を着せるなんて出来ないし、

それが出来るのがあんよが出来るようになった赤ちゃんってことなのね。」

 

「そういうこと。だから、個人的にはコートはあんよが出来るようになってからでいいんじゃないかなって思う。

コートはジャンプスーツに比べると防寒性は低いし、かといってポンチョのように着せやすくてしかも2年も3年も着られるわけじゃない。

ジャンプスーツやポンチョのように、赤ちゃんのときに着せるメリットがあんまりないの。」

 

「なるほどね。赤ちゃんのアウターを選ぶなら、ジャンプスーツかポンチョのどちらかを選んだほうがよさそうね。」

 

 

 

どのアウターを選ぶかはあなたの育児環境がヒントになる!

「じゃ、それぞれのアウターのメリットとデメリットが分かったところで、

次はアウターを選ぶためのヒントになる育児環境について考えていきましょ!」

 

「育児環境?どういうこと?どうしてそれがアウター選びと関係があるの?」

 

「育児環境っていうのは、例えばリカちゃんがどういう環境で子育てをしてるかってこと。

どんな気候の地域に住んでるのかとか、主な交通手段は車なのかベビーカーなのかとか、外出の時間は長いのかどうかとか。

そういうことも含めて考えると、より赤ちゃんにピッタリのアウターが選べるのよ」

 

「なるほどね!超豪雪地帯みたいな寒い地域に住んでる人と、そうじゃない人では選ぶ基準が違うものね」

 

「そ!そういうこと!

じゃ、ここからはアウターを選ぶためのあなたの育児環境を整理したいと思う。

いくつか質問をするから、あなたの育児環境に近い方を選んでね。」

 

 

住んでいる地域

1歳に着せるコートってどんなものがいいの?

あなたは、

  • 北海道・東北・北陸のような雪が降る地域、寒い地域に住んでる?
  • それ以外の比較的そこまで寒くない地域に住んでる?

 

 

交通手段

BMW X3 vs マツダ cx-5どっちがいい?比較

あなたが普段買い物に行ったりどこかで出掛けたりするときの移動手段は、

  • 車(自家用車)?
  • 電車(バスなどの公共交通機関)?
  • ベビーカー?
  • 徒歩?

 

 

屋外にいる時間と屋内にいる時間

私が選ぶ、「娘にプレゼントしたい!」おままごとセット3選

あなたは

  • すでに第一子がいるなどして公園に長時間遊びに行くなど外にいる時間が長い?
  • 寒い日は出来るだけ外に出たくないから、家の中にいることやショッピングセンターなどの屋内にいる時間が長い?

 

「私は、

①比較的そこまで寒くない地域に住んでいて、②移動手段は車で、③寒い日はあまり外に出掛けないタイプだったわ!

あなたはどうだった?」

 

 

 

あなたの育児環境に合ったアウターはコレ!

「さっき答えてもらった質問の答えをもとに、あなたに合ったアウターを選ぶと・・・こうなります!」

 

雪が降る地域・寒い地域に住んでいる+交通手段はベビーカーor徒歩+外にいる時間が長い=ジャンプスーツ

北海道や東北、北陸のように冬は雪が降ったり、寒い地域に住んでいて、交通手段はベビーカーや徒歩。

そして外にいる時間も長い・・・そんなあなたには、絶対ジャンプスーツがおすすめです!

 

ジャンプスーツのいいところは、とにかくどのアウターよりも防寒性が高いこと!

 

頭から足先まで、全身をすっぽりと包んでくれるので、とってもあったかいです。

 

あなたの住んでいる地域なら、防寒性が高いことは必須ですよね。

 

ジャンプスーツは脱ぎ着せしにくいことがダメな点なんですが、あなたは普段の移動手段がベビーカーや徒歩が多く、しかも外にいる時間も長い。

 

寒い外から暖房の効いた暖かい屋内に入ったら、赤ちゃんの体温調節のためにもあったかいアウターは脱がせなきゃいけないですが、

あなたの場合、外から屋内に入ったり屋内から外に出たりすることもそんなに多くなさそうなので、

ジャンプスーツの脱ぎ着せのしにくさもそこまで気にはならないと思います。

 

ぜひジャンプスーツを赤ちゃんのアウターとして検討してみて下さい♡

 

 

雪が降る地域・寒い地域に住んでいる+交通手段は車or電車などの公共交通機関+屋内にいることが多い=ポンチョかコート

寒い地域に住んでいるけど、普段の交通手段は自分の車や、電車などの公共交通機関が多いというあなた。

また、屋内にいることが多いという場合は、そこまで防寒性にこだわる必要もないと思うので、ポンチョかコートをおすすめします♡

 

寒い地域に住んでいるといっても、外に出る時間が家から車へ移動するほんの少しだけとか、

移動がほとんど車の中や電車の中といった暖かい場所が多いなら、ポンチョやコートを着せて、足元に冷えを防止するためにひざ掛けをかけてあげるので十分なんじゃないかなと。

 

車の中や屋内にいることが多いのに、めちゃめちゃ厚手の全身を覆ってくれるジャンプスーツでは、反対に赤ちゃんが暑くてしんどくなっちゃうことも。

 

あなたの場合、”完全防寒”というよりは、”赤ちゃんの体温調節がしやすい”ものを選んであげるほうがよさそうです。

 

ぜひポンチョを赤ちゃんのアウターとして検討してみて下さい♡

 

 

雪が降る地域・寒い地域に住んでいて、上記以外を選択した方

ジャンプスーツがおすすめです。

 

寒い地域に住んでいる方の場合、本当に外はめちゃめちゃ寒いと思います。

 

移動手段が車や電車で、かつ屋内にいることが長い人以外は、たいてい少しでも外にいるってことになりますよね。

 

少しでも外にいる時間がある場合は、寒い地域にお住まいの方ならジャンプスーツを選んだほうがいいんじゃないかな、と思います。

 

本当に、きっと私が想像できないほど寒いと思いますので・・・><

 

ぜひジャンプスーツを赤ちゃんのアウターとして検討してみて下さい♡

 

 

寒すぎない地域に住んでいる+交通手段はベビーカーor徒歩+外にいる時間が長い=ジャンプスーツかコート

 

寒すぎない地域に住んでいて、交通手段はベビーカーか徒歩、そして外にいる時間も長いというあなたには、ジャンプスーツかコートをオススメします!

 

そこまで寒くない地域に住んでいるとはいえ、寒い冬の日に長時間外に出るのはやっぱり赤ちゃんの体も冷えます。寒いです。

 

なので、防寒性は必要だと思うので、防寒性に優れたジャンプスーツやコートがオススメですね。

 

外にいる時間も長くて、かつ移動手段もベビーカーや徒歩なら、アウターを脱ぎ着せさせることもそんなに多くないと思うので、

ジャンプスーツのダメなポイントである”脱ぎ着せのしにくさ”もそんなに気にならないんじゃないかな、と思います。

 

コートを選んだ場合は、ベビーカーに乗せているときにはひざ掛けなんかをして足元の冷えを防いであげてくださいね。

 

ぜひジャンプスーツやコートを赤ちゃんのアウターとして検討してみて下さい♡

 

 

寒すぎない地域に住んでいる+交通手段は車or電車などの公共交通機関+屋内にいることが多い=ポンチョ

そこまで寒くない地域に住んでいて、かつ移動手段は車や電車なので外の風に当たることもあまりなく、屋内にいる時間の方が多いというあなたには、絶対にポンチョがおすすめ

 

移動中も暖かく、また屋内の暖かいところにいることが多いなら、あなたの場合、アウターに防寒性を求めなくても大丈夫かな、と。

 

それよりも脱ぎ着せのしやすさや1着あれば2年3年着れるコストパフォーマンスの高さを重視してポンチョを選んでもいいんじゃないかなって思います。

 

ぜひポンチョを赤ちゃんのアウターとして検討してみて下さい♡

 

 

寒すぎない地域に住んでいて、上記以外を選択した方

交通手段はどうあれ、外にいる時間が長いことを選択したなら、ジャンプスーツやコートを、

屋内にいる時間が長い方を選択したならポンチョをおすすめします。

 

あまり寒すぎない地域に住んでいるあなたの場合、外にいる時間が長いか屋内にいる時間が長いかでアウターを選んだほうがよさそうです。

 

あまり寒すぎない地域といっても、外にいる時間が長ければやっぱり赤ちゃんも体が冷えてきますから、それを防止するためにも防寒性の高いアウターを選んだほうがいいです。

 

反対に、外にいる時間はそんなに長くない(買い物に行くときの行き帰りだけとか)、屋内にいる時間の方が長いというあなたは、ポンチョで大丈夫です。

 

買い物に行くときの行き帰りだけとか、支援センターに行くときの行き帰りだけとか、

それくらいの移動時間ならそこまで赤ちゃんの体が冷えることもないので、防寒にこだわる必要もないかな、と。

 

防寒性で選ぶよりも、着せやすさや着られる期間の長さでアウターを選んでもいいんじゃないかなと思います。

 

ぜひ赤ちゃんのアウター選びのヒントにしてみてください♡

 

 

「私は、

①比較的そこまで寒くない地域に住んでいて、②移動手段は車で、③寒い日はあまり外に出掛けないタイプだったから、ポンチョがいいみたいだわ。

私の赤ちゃんは春生まれだけど、生後8ヶ月くらいになれば冬になるし、そのときのアウター選びのヒントになりそう!」

 

「うんうん、実際に秋冬生まれの赤ちゃんのママだけじゃなく、春夏生まれの赤ちゃんのママもいつかはアウターを買わなきゃいけないから、

そのときにどんなアウターを選んだらいいのか、自分の育児環境にあったアウターはどんなものなのかを知るヒントになれば嬉しいな♡」

 

 

 

まとめ

【秋冬生まれの出産準備】赤ちゃんのアウターの選び方教えます!【あなたの育児環境別】まとめ

赤ちゃんのアウターには大きくわけて3種類ありました。

  • 上下がつながったジャンプスーツ
  • ポンチョ
  • コート(ジャケット)

の3つでしたね。

 

それぞれにメリットとデメリットもあって、

  • ジャンプスーツは全身がすっぽり包まれるので防寒性は高いが脱ぎ着せがとにかくしにくい
  • ポンチョは脱ぎ着せがしやすく着られる期間も長いが防寒性は劣る
  • コート(ジャケット)は防寒性がまぁ高いが脱ぎ着せがしにくい

ということでした。

 

そして、これら3つのアウターのメリットとデメリットも含めて、赤ちゃんにはどのアウターが合っているのか?

そのヒントになるのがあなたの育児環境なんですよね。

  • 住んでいる地域がとても寒い地域なのか、そこまで寒くない地域なのか
  • 普段の交通手段は車なのか電車なのかベビーカーなのか徒歩なのか
  • 外にいる時間は長いのか、屋内にいる時間のほうが長いのか

 

赤ちゃんのアウター選びって、とっても難しいし、どうやって選んだらいいのか分からないことのほうが多いと思います。

 

あなたのアウター選びのヒントになれれば嬉しいです♡

 

また次回もリカと一緒に勉強していきましょうね!

 

それではまた次回もお楽しみに♡

 

>>>第6話を読む♡>>>

Pocket

スポンサーリンク



スポンサーリンク



♡お知らせ♡

このブログの筆者である私ともぴは、インポートベビー服のセレクトショップをしてます!

海外から取り寄せた、日本では買えないブランドのベビー服をたくさん取り扱ってます。

上品で清楚な海外ブランドらしいおしゃれなデザイン、

品質のいいお洋服はあなたも必ず気に入っていただけるはず♡

ギフトラッピングサービスもありますので、出産祝いにも使っていただけます♡

ぜひ遊びに来てくださいね!
↓ ↓ ↓ クリック!! ↓ ↓ ↓

maison-de-joie-ロゴ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です